島根大学生物資源科学部農林生産学科
 

HOME > ガイド > 学生生活1,2年

よく学び、よく遊び、充実した学生生活になるよう、主体性計画性をもって学生生活を送ってください。


稲刈り体験in夢民谷」でアイスブレイクとクイズコーナーを企画・実施しました(雲南市吉田町民谷地区)

雲南市吉田町民谷の「夢民谷の楽校」(民谷交流センター)で開催された交流イベント「みんなで稲刈り体験in夢民谷」に、コースの2~4年生がスタッフ側として参加しました。イベントでは、春に手植えした稲を手刈りしたほか、心のこもった手づくり昼食を堪能し、春に苗植えしたサツマイモ掘りも行いました。学生は、授業(農村調査分析論)の課題研究の一環として、地区の皆様のご協力をいただき、アイスブレイクとクイズコーナーを企画・実施しました。当日は多くの親子さんでにぎわい、大学生ともたくさんふれあっていただきました。
終了後は振り返りの時間を設けていただき、主催者の地区の皆様と意見を交わしました。
【地区の皆様とコースの学生が共同で運営しているウェブサイト】
夢民谷の楽校

17稲刈1.JPG
みんなで稲刈り(奥の建物は夢民谷の楽校)

17稲刈2.JPG
ハデ干し

17稲刈3.JPG
クイズコーナー(民谷地区産の豪華景品付き!)

17稲刈4.JPG
サツマイモ掘り

草刈り体験交流を行いました(飯石郡飯南町獅子)

2017年7月30日(日)、島大農経の農村調査分析論の一環で、飯南町獅子地区の皆様と草刈り体験交流を行いました。当日は草刈り体験のほか、鳥獣被害の現状や対策などについて学びました。当日の内容は情報発信班の学生がツィッターで発信しています。是非フォローしてみてください。
獅子地区情報発信班ツィッター

使用方法を学ぶ.JPG
草刈り機の使用方法を学ぶ

草刈り体験.JPG
草刈り体験

多世代交流事業「かたら団子づくり」に参加しました(雲南市吉田町民谷地区)

2017年7月8日(土)、島大農経の農村調査分析論の一環として、夢民谷の楽校(雲南市吉田町、民谷交流センター)が主催する多世代交流事業「かたら団子づくり」に参加しました。地元の子どもたちや講師の皆様と一緒に、手作りの餡を丸め、よく練った米粉の生地で包み、サルトリイバラ(猿捕茨、ユリ科)の葉でくるみました。かたら団子が蒸し上がるまでの間、子どもたちと大学生は、夢民谷の楽校の名にふさわしく、グラウンドを走りまわっておおいに遊びました。
夢民谷の楽校ホームページ ⇒ 夢民谷の楽校
夢民谷の楽校facebook ⇒ Shimane 民谷 ふる里ページ

CIMG5686.JPG
みんなで丸めて

CIMG5690.JPG
蒸籠で蒸してできあがり!

「みんなで田植え体験in夢民谷」でクイズコーナーを企画・実施しました(雲南市吉田町民谷地区)

雲南市吉田町民谷地区の「夢民谷の楽校」(民谷交流センター)で開催された交流イベント「みんなで田植え体験in夢民谷」に、島根大学生物資源科学部・農村経済学コースの1~4年生が参加しました。イベントでは、夢民谷の楽校前の田んぼでの手植えのほか、心のこもった手づくり昼食を堪能し、食後にサツマイモの苗植えも行いました。2~3年生は、授業(農村調査分析論)の課題研究の一環として、地区の皆様のご協力をいただき、アイスブレイクとクイズコーナーを企画・実施しました。 当日は多くの親子さんでにぎわい、大学生ともふれあっていただきました。(2017年5月21日)
夢民谷の楽校ホームページ ⇒ 夢民谷の楽校
夢民谷の楽校facebook ⇒ Shimane 民谷 ふる里ページ

CIMG5601.JPG
みんなで田植え

CIMG5606.JPG
川で泥落とし

CIMG5630.JPG
みんなで昼食(昨年手刈りしたお米のおにぎり)

CIMG5644.JPG
大学生によるクイズコーナー

2017年度コース新入生オリエンテーションを実施しました。

当コース6回目の新入生・編入生オリエンテーションを実施しました。毎年恒例の上級生による履修相談・懇談会も行い、終始リラックスした雰囲気で新入生と編入生を迎えることができました。(2017年4月5日)

CIMG5526.JPG

農村調査分析論 現地報告会(雲南市吉田町民谷地区)

1月28日の飯南町獅子地区に続き、今年度2回目の現地報告会を雲南市吉田町民谷地区の「夢民谷の楽学校」で開催しました。
1年間お世話になった住民の皆様を前に、地域課題である「農業イベント」「食文化の継承」に関する調査結果を報告し、学生独自の提案を行いました。(2017年2月19日)

民谷報告会1.JPG
夢民谷の楽校

民谷報告会2.JPG
1年間お世話になった皆様を前に発表

農村調査分析論 現地報告会(飯南町獅子地区)

農村経済学教育コースとして4回目の農村調査実習(2年生対象)の現地報告会を飯南町獅子地区で実施しました。
地域課題である「米の生産・販売」、「都市と農村との交流」について各班が具体的な提案を行いました。(2017年1月28日)

地域情報アーカイブ「Ago-Lab」
(農村経済学教育コース2回生による現地報告会の記事が掲載されています)
 ⇒現地報告会in獅子

DSCN2092.JPG
「獅子米Project」の紹介

DSCN2109.JPG
都市と農村との交流をテーマに発表

「しまね大交流会2016」に出展しました!

12月11日(日)に、くにびきメッセ(松江市)にて開催された「しまね大交流会2016」に、当コースの学生が出展しました。農村調査分析論の取り組みの一部を紹介したほか、実習地(飯南町獅子地区)のお米の試食とアンケート調査などを実施しました。学生は、今後、収集したアンケート調査結果を集計・分析したうえで、報告書に取りまとめます。
多くの皆様に足を運んでいただき、当コースの取り組みを広く知っていただくことができました。学生にとっても、得がたい貴重な経験になりました。
しまね大交流会案内⇒しまね大交流会

交流会展示物.JPG
展示物

交流会説明1.JPG
来場者に説明

交流会説明2.JPG
お米の試食

交流会説明3.JPG
展示の説明

交流会全体.JPG全体の様子

「料理教室in夢民谷」に参加しました!

12月3日(土)に、農村調査分析論の調査の一環として、夢民谷の楽校(雲南市吉田町、民谷交流センター)が主催する料理教室に参加しました。小学生から80代までの25名が参加され、餅つきのほか、雑煮、ぜんざい、大根田楽を協力して調理しました。また、学生の提案で、各家庭の保存食を持ち寄っていただき、学生も、自作のふりかけを持参しました。調理後は、豊かな郷土食を全員で堪能し、学生は、出身地の雑煮の具材について紹介しました。
 学生は、来年1月下旬の現地報告会に向けて、これまでの調査結果をとりまとめます。
夢民谷の楽校ホームページ⇒夢民谷の楽校

料理教室もちつき.JPGみんなで餅つき!

「稲刈り体験in夢民谷」でクイズコーナーを企画・実施しました!

9月25日(日)に雲南市吉田町民谷の“夢民谷の楽校”で開催された交流イベント「稲刈り体験in夢民谷」に、農村経済学教育コースの1~2年生が参加しました。イベントでは、春に手植えした稲を手刈りしたほか、春に苗植えしたサツマイモ掘りも行い、今回も、多くの親子さんでにぎわいました。2年生は、民谷地区の皆様のご協力をいただき、今年もクイズコーナーを企画・実施しました。
飯南町獅子地区(今年から)を含むこれらの取り組みは、授業(農村調査分析論)の課題研究の一環として行っています。
夢民谷の楽校ホームページ⇒夢民谷の楽校

CIMG5386.JPG
クイズコーナー

CIMG5388.JPG
リム転がしで回答!

CIMG5419.JPG
心のこもった手作り昼食を全員でいただきました

CIMG5433.JPG
夢民谷の楽校を前に稲刈り

「獅子田舎体験・秋の陣」に参加しました!

9月10日(土)・11日(日)に飯南町獅子地区で開催された交流イベント「獅子田舎体験・秋の陣」に、農村経済学教育コースの2年生が参加しました。初日は稲刈り体験(手刈り、機械刈り)、地区の方々と学生の懇親会が行われました。翌日は飯南町内の施設(JAしまね飯南カントリーエレベーター、大しめなわ創作館)を見学しました。

獅子地区秋コンバイン.JPG
コンバイン作業体験

獅子地区秋交流.JPG
交流会

獅子地区秋カントリー.JPG
農業施設見学

獅子地区秋しめ縄.JPG
大しめなわづくり見学

「獅子田舎体験」について

 飯南町獅子地区で開催された交流イベント「獅子田舎体験」に、農村経済学教育コースの2年生が参加しました。イベントは5月3日(火)、4日(水)の2日間にわたって実施され、初日は田植え体験(手植え、機械植え)、地区の方々と学生の懇親会が行われました。翌日は、地区の方の指導を受けながらタケノコ掘りを体験しました。(2016年5月3~4日)

獅子地区写真2.JPG
農業体験

獅子地区写真4(田植え(機械植え)).JPG
田植機作業体験

獅子地区写真3(たけのこ堀り).JPG
タケノコ掘り

獅子地区写真1.JPG
みんなで記念撮影

「みんなで田植え体験」の取り組みが大学ホームページで紹介されました。

島根大学ホームページ(トピックス)はこちら
島根大学生物資源科学部ホームページ(トピックス)はこちら

「みんなで田植え体験in夢民谷」を学生がサポートしました!

 生物資源科学部農林生産学科農村経済学教育コースでは、2年生の通年必修科目「農村調査分析論」で、学生が農村調査を計画・実施し、分析結果を現地で発表して報告書にまとめています。
 2012年度から調査対象にしている雲南市吉田町民谷(みんだに)地区は、おいしいお米がとれる山間部に位置します。地区では、平成24年3月に閉校した旧小学校分校を2014年4月から民谷交流センター(愛称:夢民谷の楽校)に衣替えして、地区住民の交流の場として活用しています。
 学生は、地区の住民組織が主催する都市農村交流イベント(田植え、稲刈り)をサポートしており、2016年5月22日(日)の「みんなで田植え体験in夢民谷」では、親子さん向けのアイスブレイクとクイズコーナーを企画・実施しました。
 当日は、親子さん38名、学生サポーター11名、その他学生・教員22名のほか、住民スタッフを合わせて総勢100名以上が参加し、田植えや芋掘りのほか、心を込めて手作りいただいた地元食材の昼食を楽しみました。
 学生は、これから1年間かけて、都市農村交流イベントのありかた、料理教室を通じた食文化の継承、地域情報の発信(共同運営ホームページはこちら)などをテーマに現地調査を進めていきます。(2016年5月22日)

学生によるクイズコーナー.JPG
学生によるクイズコーナー

田植え体験.JPG
みんなで田植え体験

2016年度教育コースオリエンテーション

当コース5回目の新入生オリエンテーションを実施しました。毎年恒例の上級生による履修相談・懇談会も行い、終始リラックスした雰囲気で新入生と編入生を迎えることができました。(2016年4月6日)


コースオリエンテーション160406(水).JPG教育コースの説明

農村調査分析論 現地報告会(2015年度、2年生対象)


農村経済学教育コースとして3回目の農村調査実習の現地報告会を雲南市吉田町で開催しました。
地域課題である「農村ツーリズム」「農業イベント」「地域の食文化の継承」「地域の情報発信」に対して具体的な提案を行いました。(2016年1月29日,31日)

現地報告会の様子.JPG現地報告会の様子

稲刈りイベント参加


雲南市吉田町民谷地区の住民組織が主催する稲刈りイベントに参加しました(1~2年生)。芋の収穫と稲刈り・はで干し作業のほか,農業クイズとアンケート調査を行いました。(2015年9月20日)

クイズ大会.JPG
農業クイズの様子

DSC02376.JPG
稲刈りの様子

農村見学(2015年度、1年生対象)


雲南市吉田町民谷地区の住民組織が主催する田植えイベントに参加しました。芋の苗植えと田植え作業のほか,2年生による農業クイズとアンケート調査にも参加しました。(2015年5月17日)

田植えイベントの様子.JPG田植えイベントの様子

2015年度教育コースオリエンテーション

新学科になって4回目の新入生オリエンテーションが実施されました。(2015年4月7日)

CIMG2259.JPG
教育コースの説明

CIMG2262.JPG
上級生からのメッセージ

農村調査分析論 現地報告会

 生物資源科学部農林生産学科農村経済学教育コースとして第2回目の農村調査実習(学部2年生対象)の現地報告会を雲南市吉田町民谷地区で実施しました。
 地域課題である「都市部と田舎の交流」「地域の食文化の継承」「地域の情報発信」「地域活性化の拠点づくり」に対して各班が提案を行いました。

日時:2015年2月1日(日)
場所:雲南市吉田町 民谷集会所
スケジュール
13:00~13:15 会長挨拶・全体説明
13:15~14:15 農村ツーリズム班(報告15分+質疑5分)
            地域食文化班
            地域情報化班
14:25~15:00 活性化拠点づくり班
            3・4年生による拠点づくり先進事例の報告
15:00~15:30 質疑応答
15:30~16:00 ポスター発表

005.JPG

農村ツーリズム班の発表の様子

014.JPG

地域食文化班の発表の様子

農村見学(2014年度)

2014年度の農村見学(1年生対象)を雲南市吉田町民谷で実施しました。(2014.5.18)午前中は、道の駅たたらば壱番地を見学した後、木村有機農園の木村さん、藤本米穀店の藤本さんによるミニ講座を聞きました。また、宇山集落の農作業場の見学を行いました。
午後は、民谷地区振興協議会が開催する田植えイベントに参加しました。また、参加者への聞き取り調査も行ないました。
本日の経験を踏まえ、農業・農村に対する問題意識を高めてもらえればと思います。

道の駅を見学.JPG

道の駅たたらば壱番地の見学

農作業場見学.JPG

農作業場の見学

田植えイベントに参加02.JPG

田植えイベントへの参加

聞き取り02.JPG

イベント参加者への調査の様子

農村調査分析論 現地報告会

 生物資源科学部農林生産学科農村経済学教育コースとして第1回目の農村調査実習(学部2年生対象)の現地報告会を雲南市吉田町民谷地区で実施しました。
 地域課題「食育を取り入れた地域イベント」「地域の食文化の継承」「地域の情報発信」「道の駅を活用した農村ツーリズム」に対して各班が提案を行いました。

日時:2014年1月26日(日)
場所:雲南市吉田町 民谷集会所
スケジュール
13:30~13:40 開会挨拶
13:40~14:00 地域イベント班(報告15分+質疑5分)
14:00~14:20 地域食文化班
14:20~14:40 地域情報化班
14:40~15:00 農村ツーリズム班
15:00~15:30 全体討議+閉会挨拶

P1260230.JPG

地域イベント班の発表の様子

P1260243.JPG

地域情報化班の発表の様子

農村調査分析論(フィールド演習)

雲南市吉田町宇山でフィールド演習を行いました。(2013.5.19)
午前は、田植え体験に参加しました。また、お米ができるまでの過程やお米をおいしく炊く方法について勉強しました。
午後は、農作業場の見学、餅づくりへの参加、参加者の方々への聞き取りを行いました。
今後は、班に分かれて、地域の活性化に向けた調査計画を考えていく予定です。

田植えの様子.JPG

田植えの様子(雲南市吉田町宇山)

田植えの様子02.JPG

お餅づくり.JPG

餅づくりの様子

聞き取りの様子.JPG

聞き取りの様子

農村見学(2012年度)

新学科になってはじめての農村見学を雲南市で実施しました。(2012.7.28)午前中は、JA雲南の須山一様より、「地産都商」の取り組みについて熱のこもった迫力ある講義をして頂きました。学生だけでなく教員にとってもよい刺激になりました。
午後には、食の杜かやぶきにて、佐藤忠吉様より、「食の杜」の取り組みについてお話頂きました。戦争経験を含め、過去から現在に至る過程についてお話を頂き、貴重な時間となりました。
農村見学ではその他に、地域住民を中心に取り組まれている直売所「たんびにきて家」、「木次乳業」「木次農村環境改善センター」を見学しました。
本日の経験を踏まえ、1年生のうちに、農村について独自の問題意識をもってもらえればと思います。

JA①.JPG

JA雲南・須山一氏による事業説明の様子

JA②.JPG

食農教育についての説明

食の杜①.JPG

食の杜かやぶき

食の杜③.JPG

佐藤忠吉氏によるお話

〒690-8504 松江市西川津町1060
島根大学 生物資源科学部 農林生産学科
農村経済学教育コース

Copyright © 2012-2017 Course of Rural Economics, Shimane University. All Rights Reserved.

ページトップへ