HOME

 生命科学科では,微生物から動物・植物に至る多様な生物が示す様々な生命現象についての基本的な理解と根本原理の解明をめざすとともに,これら生物が有する様々な有用機能を食品・化学工業,医薬・農薬製造業などの生物・化学産業に役立てるための教育と研究を行います。生命現象の不思議さを追求し応用する過程を通し,論理的思考力,問題解決能力を身に付け,社会で活躍するための資質能力を向上させることができます。
 生命科学科では,1年次に自然科学系学部共通科目及び基盤科目を履修した後,2年次からは,生物学を主体とする2コース(細胞生物学コース,水圏・多様性生物学コース)及び生物学と化学を主体とする2コース(生命機能化学コース,食生命科学コース)のいずれかのコースに所属して専門教育を学びます。3年次後期からは各研究室に配属され,卒業研究の実施に向けた活動が始まります。生命科学科は,総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門と教育・研究で連携しており,センター教員の指導が受けられる学際的卒業研究も行っています。 

生命機能化学コース、食生命科学コースの特徴

生命機能化学コース

生命現象は,生命体内に存在する多様な分子の働きが複雑に組合わさることで引き起こされます。そのメカニズムを生物と化学の両方の視点から理解し,有用な機能として医薬系や化学系の分野に応用する知識と技能を有した人材の育成を目指します。生物学,化学及びその融合分野の基盤的・専門的科目を重点的に履修します。

食生命科学コース

 食品に含まれる栄養成分や有用成分を人体が活用する仕組み,食料の生産に寄与する生命の仕組みなど,食に関係する生命現象を理解し,食品やバイオテクノロジーの分野に応用する技能を有した人材の育成を目指します。生物学と化学に関する基盤的科目に加え,食品,栄養,微生物,細胞培養などに関する専門科目を履修します。

News & Information 

2023/02/02

NOOTHALAPATI Hemanth(ヌータラパティ ヘマンス)助教、山本達之教授と、インドの各機関、大学との共同研究のLinkIcon論文が、International Journal of Environmental Science and Technology 誌に掲載されました(第3研究室(生命物理化学))。

2023/02/02

鳥取連大院生Ajinkya Anjikarさん、NOOTHALAPATI Hemanth(ヌータラパティ ヘマンス)助教、山本達之教授と、インドの各機関、大学との共同研究のLinkIcon論文が、Sensors & Diagnostics誌に掲載されました(第3研究室(生命物理化学))。

2023/01/26

修士2年の石田哲也さんが、日本ビタミン学会第74回大会の一般研究発表において学生優秀発表賞を受賞しました(LinkIcon第5研究室(生物化学研究室)HP)(6月)。

2023/01/26

修士2年の濱田あかねさん、丸田隆典教授らのLinkIcon論文がThe Plant Journal誌に掲載されました(LinkIcon第5研究室(生物化学研究室)HP)。葉緑体のビタミンC再生に関する研究で、植物がビタミンCを高蓄積する仕組みを明らかにしました。

2023/01/16

LinkIcon生物資源科学部HPLinkIconパンフレットのページに、LinkIcon2023学部案内LinkIcon教員パンフレットが掲載されています。LinkIcon教員パンフレットは、各教員の研究がわかりやすく紹介されていますので、ぜひご覧下さい。

2022/12/14

修士2年の門田宏太さんが、植物の栄養研究会第7回研究交流会で最優秀ポスター賞を受賞(12月10日)しました。

2022/12/14

修士2年の門田宏太さんが、第45回日本分子生物学会年会でMBSJ2022 Science Pitch Award(優秀発表賞)を受賞(12月2日)しました。

2022/12/14

修士1年の上西倫大朗さんが、日本コエンザイムQ協会第19回研究会で口頭発表を行い、「奨励賞」を受賞(11月19日)しました。

2022/10/07

連携組織の、総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門の中川 強教授のLinkIcon「Gatewayバイナリベクターの開発」が「化学と生物」誌プロダクトイノベーションに掲載されました(LinkIcon総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門)。

2022/09/27

川向 誠教授が、第9回(2022年)日本農芸化学会中四国支部功労賞をLinkIcon受賞されました。LinkIcon授賞式は、日本農芸化学会創立100周年記念事業 支部創立20周年記念 日本農芸化学会2022年度中四国支部大会(第63回講演会)(香川大学)にて行われました。

2022/09/27

松尾安浩准教授、川向 誠教授とアメリカアラバマ大学との共同研究のLinkIcon論文が、Current Genetics誌に掲載されました(LinkIcon第2研究室(応用微生物学))。

2022/09/14

NOOTHALAPATI Hemanth(ヌータラパティ ヘマンス)助教と、関西学院大学、インドネシアPadjadjaran UniversityとのLinkIcon論文が、Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy誌に掲載されました(第3研究室(生命物理化学))。

2022/09/14

NOOTHALAPATI Hemanth(ヌータラパティ ヘマンス)助教と、インドの各機関、大学とのLinkIcon論文が、Vibrational Spectroscopy誌に掲載されました(第3研究室(生命物理化学))。

2022/09/14

西村浩二准教授が世話人を務める『JANPER&細胞骨格研究会 合同大会2022』が島根大学松江キャンパスにおいて対面形式で開催されました。詳しくはLinkIcon大学HPLinkIcon学部HPに掲載されています。

2022/07/21

LinkIcon生物資源科学部HPLinkIconパンフレットのページに、LinkIcon2023学部案内LinkIcon教員紹介パンフレット2022が掲載されました。教員紹介パンフレットは、各教員の研究がわかりやすく紹介されていますので、ぜひご覧下さい。

2022/07/04

修士2年の門田宏太さん、連携組織の、総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門の蜂谷卓士助教と中川強教授、東京大学、名古屋大学、中部大学、との共同研究のLinkIcon論文が、Biochemical and Biophysical Research Communications 誌に掲載されました(LinkIcon総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門LinkIcon島根大学プレスリリース(7/12))。

2022/06/28

LinkIcon学部パンフレット等のページに、LinkIcon生物資源科学部だよりVol.36が掲載されました。

2022/06/28

丸田隆典教授の「植物のビタミンC生合成」に関するLinkIcon総説(農芸化学奨励賞のAward Review)がBioscience, Biotechnology, and Biochemistry誌に掲載されました(LinkIcon第5研究室(生物化学研究室)HP)。

2022/06/28

石川孝博教授が「アスコルビン酸の抗酸化能と生合成に関する分子生理学的研究」の題目で、日本ビタミン学会賞をLinkIcon受賞されました。授賞式および受賞講演は、第74回日本ビタミン学会大会(福岡大学)にて行われました(LinkIcon第5研究室(生物化学研究室)HP)。

2022/06/10

丸田隆典教授、石川孝博教授が執筆したMethods in Molecular BiologyシリーズのLinkIcon著書(章の執筆を担当)が掲載されました(LinkIcon第5研究室(生物化学研究室)HP)。

2022/04/27

連携組織の、総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門の蜂谷卓士助教が、2022年度長瀬研究振興賞をLinkIcon受賞しました。(LinkIcon総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門

2022/04/25

連携組織の、総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門の蜂谷卓士助教と名古屋大学、東京大学、岐阜薬科大学、名城大学、中部大学、理化学研究所との共同研究のLinkIcon論文が、Plant and Cell Physiology誌に掲載されました(LinkIcon総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門)。

2022/04/18

連携組織の、三井化学アグロ・生物制御化学寄附講座は、設置期間満了により終了致しました。(LinkIcon「三井化学アグロ・生物制御化学寄附講座」の終了について(島根大学)