本文へスキップ

島根大学大学院自然科学研究科 物質化学コース

Department of Chemistry
Graduate School of Natural Science and Technology

Shimane University



NEWS新着情報

   
 
2022年6月17,18日
第46回有機電子移動化学討論会で発表を行いました。
2022年6月3日
水嶋さん、岡さんらの論文Adv. Synth. Catal.に受理されました。
2022年4月4日
新たにB4が2名と、B3(理工特別コース)1名がメンバーに加わりました
2022年4月4日
M2の寺西さんが学術研究における顕著な業績を評価され、学生表彰を受賞しました
2022年3月23-26日
日本化学会第102春季年会で6名の学生が発表を行いました。
2022年3月18日
B4の三宅さんが学術研究における顕著な業績を評価され、学生表彰を受賞しました
2022年3月18日
卒業式・学位授与式が挙行され、学部生3名および修士2名が卒業・修了しました。学部生3名は引き続き本学大学院博士前期課程に進学します。
2022年1月25日
D1の岡さんが「高度人材育成プロジェクト」の育成生に採択されました。
2021年11月13,14日
2021年日本化学会中国四国支部大会で発表を行い、寺西宥太さんがポスター賞を受賞しました。
2021年10月30日
酸化反応討論会で発表を行いました。
2021年9月10日
ヨウ素学会シンポジウムで、三宅葉月さんが優秀ポスター賞を受賞しました。
2021年7月14日
フラビン触媒の本がWileyから出版されました。
2021年5月31日
岡さん、小迫さんらの論文がSynlettに受理されました。
ニュースの詳細(写真付き)と過去のニュース

About us

  • 2014年8月に発足した研究室です。当研究室では、有機・高分子合成技術を駆使することにより、新しい機能性分子や高分子、超分子化合物を創り出すことを目指し研究を行っています。特に天然由来の入手容易な有機分子を出発物質として用いた機能性分子群の開発や、高分子・超分子の精密設計および高次構造制御による特異な機能の創出、得られた新規物質を活かしたユニークな機能性材料や環境負荷の低い新規触媒反応の開発にも積極的に挑戦します。
  • 当研究室では大学院入学希望の学生を広く募集しています。興味のある方は飯田までご連絡下さい。

バナースペース

s

forstudents.htmlへのリンク

papers.htmlへのリンク