研究室概要

当研究室では,宍道湖や中海,及びその集水域をフィールドに研究を行っており,主に「水の分析」を通して宍道湖や中海の水質評価を行っています。また,宍道湖や中海は,淡水と海水が入り混じる汽水湖です。汽水試料を分析する際,塩分や汽水湖特有の物質(硫化水素等)により妨害を受けることがあります。そこで当研究室では,汽水・海水にも適用できる分析手法の開発や,既存の手法の改良を行っています。

 

当研究室は,分析化学環境化学を融合した「環境分析化学」を専門に研究を行っており,汽水・海水域の調査・分析に特化した国内稀な研究室です。

 

 

研究フィールド

大学のすぐ近くにある,宍道湖と中海を対象に研究をしています。
宍道湖・中海はこんなところです↓↓

ロードバイクを使った宍道湖の調査

宍道湖や中海は,季節によって見た目や臭いが異なります。また,同じ風速でも,風向によって波の立ち方も異なります。
それらを肌で感じるため,車ではなくロードバイクで宍道湖の観察(パトロール)を行っています。
採水の様子↓↓

ちょっとした動画

当研究室の学生が富士山に登りました。登山時に「真空管」を持っていってもらい,山頂でガスを採ってもらいました。その時の様子です↓↓

 

地球温暖化ガス測定のための前処理の様子

更新履歴