ニュース一覧

11月8日 「資源循環化学」で「カーボンニュートラル時代に対応する新しい循環経済の形」に関する講演会

11月8日(月)3・4時限の「資源循環化学」の授業の一環として,ハリタ金属(株)代表取締役張田真氏に「カーボンニュートラル時代に対応する新しい循環経済の形」というタイトルの講演をいただきました.参加者は授業を受講している学生約40名でした.

2021年11月11日

11月5日 International Conference on Materials and Systems for Sustainability (ICMaSS2021) (Online)

11月4日~6日にOnline開催されたInternational Conference on Materials and Systems for Sustainability (ICMaSS2021)に当研究室より笹井教授(ポスター発表)が参加しました.発表者と発表タイトルは以下の通りです.
笹井亮(ポスター発表): Tb3+-Doped Layered Double Hydroxide with Luminescent Properties Depending on Interlayer Anion Species

2021年11月11日

10月26日 第32回廃棄物資源循環学会研究発表会(Online)

10月25日~27日に現地とOnlineとのハイブリッドで開催された第32回廃棄物資源循環学会研究発表会に当研究室より笹井教授(口頭発表)が参加しました.発表者と発表タイトルは以下の通りです.
笹井亮(口頭発表): 廃リチウム二次電池還元焙焼残渣からの湿式Li回収

2021年11月11日

9月27日 本粘土学会若手の会第12回若手研究者発表会(Online)

9月27日にOnline開催された日本粘土学会若手の会第12回若手研究者発表会(実行委員長:藤村助教)に当研究室より笹井教授,藤村助教,岡田君(M2,ポスター発表),梨本さん(M2,ポスター発表),吉末君(M2,ポスター発表),栗島君(M1,ポスター発表),砂原君(M1,ポスター発表)が参加しました.発表者と発表タイトルは以下の通りです.
岡田和弥(ポスター発表): カチオン性金属フタロシアニン/粘土ナノシート複合体の光一重項酸素生成反応におけるフタロシアニンの濃度および中心金属種の影響
梨本舞奈(ポスター発表): 粘土ナノシート上への吸着によるカチオン性金属ポルフィリンのS2蛍光増強
吉末智博(ポスター発表): Ni2+とFe3+からなる層状複水酸化物の合成とヒ酸および亜ヒ酸イオンに対する陰イオン交換特性評価
栗島健太(ポスター発表): ローダミン系色素/界面活性剤/α-リン酸ジルコニウム複合体の作製と発光への芳香族の影響
砂原大輝(ポスター発表): 層状複水酸化物/界面活性剤/鉄ポルフィリン複合体膜の作製とその環境応答性

2021年11月11日

9月14日~光化学協会2021年光化学討論会(Online)

9月14日~16日にOnline開催された光化学協会2021年光化学討論会に当研究室より藤村助教,岡田君(M2,ポスター発表有),梨本さん(M2,ポスター発表有)が参加しました.発表者とタイトルは以下の通りです.

岡田和弥(Poster):Aggregation control of metal phthalocyanine by clay nanosheet and photogeneration of singlet oxygen

梨本舞奈(Poster): S2 Emission Enhancement of Cationic Metalloporphyrin Adsorbed on the Inorganic Nanosheet

2021年09月28日

9月14日 日本粘土学会第64回粘土科学討論会(Online)

9月14日~18日にOnline開催された日本粘土学会第64回粘土科学討論会に当研究室より笹井教授,吉末(M2,口頭発表有)が参加しました.発表者とタイトルは以下の通りです.

吉末智博(Oral):Ni2+とFe3+からなる層状複水酸化物の合成と有害オキソ酸イオンに対する陰イオン交換特性評価

2021年09月28日

9月1日~日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム(Online)

9月1~3日にOnline開催された日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウムに当研究室より,笹井教授,藤村助教,鷹尾君(M2:発表有)が参加しました.発表者とタイトルは以下の通りです.

鷹尾宗明(Oral): 希土類ドープ層状複水酸化物の発光による水中硝酸・亜硝酸イオン検知能評価

2021年09月07日

8月27日 共同研究がプレスリリース

信州大学工学部および先鋭領域融合研究群先鋭材料研究所の岡田友彦准教授,公益財団法人 高輝度光科学研究センターの河口彰吾主幹研究員,広島大学大学院先進理工系科学研究科の森吉千佳子教授,島根大学総合理工学部の笹井 亮教授, Vidyasirimedhi Institute of Science and Technologyの小川 誠教授らのグループで行った共同研究の内容がプレスリリースされました.
詳細は,以下をご参照ください.


プレスリリース資料:https://www.shimane-u.ac.jp/_files/00245821/20210827release.pdf
島根大学HP:https://www.shimane-u.ac.jp/docs/2021083000020/
島根大学Facebook:https://www.facebook.com/ShimaneUniv
島根大学Twitter:https://twitter.com/Shimane_Univ1
島根大学総合理工学部HP:https://www.riko.shimane-u.ac.jp/docs/2021083000013/

2021年09月07日

7月26日 Evening Online Seminar 2021を開催しました

笹井教授の主催で,Evening Online Seminar 2021を,以下のような内容で開催しました.
日時: 7月26日(月) 17:00~
講演タイトル: マテリアルズインフォマティクスによる材料実験設計
講師(話題提供者): MI-6(株)執行役員 入江 満 氏
参加者数: 29名

2021年08月03日

7月16日 「環境化学1」で「水処理の歴史と現状」に関する講演会

7月16日(金)3・4時限の「環境化学1」の授業の一環として,(株)トーケミの今村清様に「水処理の歴史と現状(上水と下水)」というタイトルの講演会(ZoomによるLIVE配信)を開催しました.参加者は,授業を受講している学生と関連研究室の教員・学生約50名でした.
(株)トーケミのHPはこちら(https://www.tohkemy.co.jp/

2021年08月03日

7月9日 鈴鹿工業高等専門学校の平井信充教授の講演

7月9日(金)3・4時限の「環境化学1」の授業の一環として,鈴鹿工業高等専門学校の平井信充教授に「身近にある「ぬめり」=「バイオフィルム」について」というタイトルで講演していただきました.参加者は,授業を受講している学生と関連研究室の教員・学生約50名でした.

2021年07月15日

7月2日 沖縄美ら海水族館の水処理に関する講演会(Zoom配信)開催

7月2日(金)3・4時限の「環境化学1」の授業の一環として,沖縄美ら海水族館の戸田館長に沖縄美ら海水族館における水処理に関する講演会(ZoomによるLIVE配信)を開催しました.参加者は,授業を受講している学生と関連研究室の教員・学生約50名でした.
沖縄美ら海水族館のHPはこちら(http://churaumi.okinawa

2021年07月15日

6月24日 2021年度第3回資源・環境関連材料部会討論会(Online開催)

Online開催された2021年度第3回資源・環境関連材料部会討論会に当研究室より,笹井教授,藤村助教,吉末君(M2:発表有)が参加しました.発表者とタイトルは以下のとおりです.

吉末智博(Oral):Ni2+とFe3+からなる層状複水酸化物の陰イオン交換反応

2021年06月28日

6月11日 光化学協会第42回光化学若手の会(Web開催)

6月11日・12日にWeb開催された光化学協会第42回光化学若手の会に当研究室より,藤村助教,岡田君(M2:発表有),梨本さん(M2:発表有),栗島君(M1:参加のみ),砂原君(M1:参加のみ)が参加しました.

岡田和弥(Short Presentation・Poster):粘土ナノシート/金属フタロシアニン複合体を光増感剤として利用した一重項酸素生成
梨本舞奈(Short Presentation・Poster):粘土ナノシート表面への吸着によるカチオン性金属ポルフィリンのS2蛍光増強

2021年06月28日

5月31日 Evening Online Seminar 2021を開催しました

笹井教授の主催で,Evening Online Seminar 2021を,以下のような内容で開催しました.
日時: 5月31日(月) 17:00~
講演タイトル: Rで機械学習
講師(話題提供者): 物質化学科 小俣光司 教授
参加者数: 29名
今後も不定期で開催する予定です.
2021年06月03日

4月1日 新年度開始!

本年度,笹井・藤村研究室には,6名のB4生と1名のB3生が配属されました.卒業に向けて研究を推進させましょう.メンバー構成は

  • 教員     : 2名
  • 共同研究員  : 1名
  • Master    : 6名
  • Bachelor   : 7名
2021年04月01日