保健管理センターだより ちょっと役にたつ健康情報


寒い日がつづきますか、いかがおすごしでしょうか。

保健管理センターでは、流行している病気や健康の話を皆さんにお知らせすることになりました。健康に気をつけて、気持ちのよい毎日をおくりたいものです。

〜感染性胃腸炎に注意しましょう〜

 感染性胃腸炎が流行しています。感染性胃腸炎とは冬季に多く、日本全国の地方衛生研究所のウイルス検出状況をみると、前半はノロウイルス、後半はロタウイルスによるものがおおいです。感染経路は感染者の便で汚染された水や食物を口にいれることですが、人の手を介して人から人へ感染します。生あるいは加熱不十分な貝(カキなど)が感染源になることが多いです。また調理に使用したまな板や包丁も感染源になりますので、しっかり洗って使用してください。
                                 

 予防・手洗いの励行
 
食事の前、トイレの後には石鹸をつけて丁寧に洗ったのち、流水で十分にすすぐ手洗いが有効です。

                         

 吐物の処理
吐物を処理するときは、マスクをし、素手でなくゴム手袋を装着し(ないときは、ナイロン袋を両手にはめて)、新聞・キッチンペーパーまたは布にくるんでビニール袋にいれ、しっかり縛って焼却します。汚染された床や家具などは次亜塩素酸ナトリウム(商品名:ハイター、ミルトン)による消毒が必要です。

                          


 治療
治療の基本は十分な休養と脱水予防です。水分の経口摂取が可能な場合は、少しずつ摂取してください。電解質の入ったイオン飲料(商品名(ポカリスエットやアクエリアスなど)を水で半分に薄めて、少し温めたものがお勧めです。嘔吐がひどく経口摂取できない場合は点滴が必要となりますので、医療機関を受診してください。薬は、基本的には下痢止めは使わず、整腸剤等で経過をみます。通常は2〜3日で症状は改善します。
                                 


いずれにしても、暴飲暴食、寝不足、夜更かし、過労など抵抗力が低下したときにかかりやすくなりますので、規則正しい生活を心がけ、健康な毎日を送りましょう。

                                (文責 河野)

厚生労働省ウェブページに「ノロウイルスに関するQ&A」が掲載されていて、参考になりますのでご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/040204-1.pdf