アナフィラキシーショックに注意! すぐに救急車を呼んでください!!

一般にアナフィラキシーはアレルギー反応の中でも急激に症状が悪化し、呼吸困難やシビレなどを伴うものをさします。原因物質(抗原)が体内で脂肪細胞などにくっつき、脂肪細胞が放出する化学物質が全身の臓器に作用して起こります。

原因

 薬物投与、食物、農薬・保存料・添加物、ハチ刺され、食後すぐの激しい運動など

 例「ケーキを食べた子どもが、急に呼吸困難になって倒れた」

  「抗生物質を投与された男性が、体中にジンマシンがでて苦しみだした」

  「ハチに刺された女性が、全身が腫れて倒れた」

症状

・吐き気

・せき

・全身の発疹

・血圧低下

・呼吸困難→死に至る

治療

 重篤の場合は、気道確保、エピネフリン・ステロイド投与など一刻を争う治療が必要です。苦しがっていたら、すぐに救急車を呼んでください。また症状が軽く治まっても、しばらくしてから悪化する場合があるので、必ず病院を受診して下さい。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」は食後に運動して発症するのが特徴で、食事はパンやパスタなどの小麦製品やエビ・カニなどの甲殻類が多いです。食品の組み合わせによっては軽い運動でも発症することがあります。過労やストレスがたまっていると起きやすいです。

・全身にジンマシンが出る

・顔が赤く腫れる血管性浮腫

・呼吸困難

・意識障害

*治療はほかのアナフィラキシーと変わりませんが、大学では対応できないので、

気道を確保し保健管理センターに連絡するとともに、すぐに救急車を呼んでください

    C:\Documents and Settings\yoshieKONO\My Documents\My Pictures\Microsoft クリップ オーガナイザ\j0320972.wmf

                    参考:http://www.naoru.com/anafirakisi.htm



保健管理センタートップに戻る