子宮頚がん


子宮頸がんは100%予防できる!

皆さん、子宮頸がん検診を受けたことがありますか?松江市では20歳からの子宮頚がん検診が実施されていますので、大学生の多くは対象者です。しかし日本においての子宮頸がん検診受診者は23.7%にしかすぎず、アメリカ82.6%、フランス74.9%と比べとても低いです。「私はかかるはずがない」と思ってはいませんか。最近若い人の子宮頸がんが増えてきました。ZARDの坂井さん、向井亜紀さんなど若くして子宮頸がんにかかった人の話を聞かれたこともありますね。子宮頸がんは他人事ではありません。子宮頸がんについて、ぜひ知っておいていただきたいことについてお話ししたいと思います。

A子さんの場合・・A子さん、21歳、大学生

「松江市の子宮がん検診のハガキがきていたよ。」とお母さんに言われ、勇気を出して婦人科を受診しました。医師は「超音波検査で子宮・卵巣に異常はありません。性交経験があるので子宮頚がん検診をしました。結果は2週間後にお話しします。」と言われました。「あっという間に終わって良かった」と思っていたら、2週間後に子宮頸がん検診で異常があると言われ驚いています。

【解説】
子宮頸がん検診は、子宮頸部の細胞をとってスライドグラスに塗り、染色して顕微鏡でみる検査(細胞診検査)を行います。A子さんの細胞は異常があり、子宮頸部円錐切除術が必要でした。子宮頸部円錐切除術は子宮の入り口を削り取る手術で、3日くらいの入院が必要です。円錐切除術の結果、前がん状態である高度異形成でした。

【A子さん】
はじめは「異常」といわれてショックだったけれど「簡単な手術で子宮も残ります。妊娠もできますよ。」と言われ安心しました。今は検診を受けて早く見つかって良かった、と思っています。検診を受けていない友達にもぜひ勧めます。

【解説】
A子さん、良かったですね。それではなぜ最近、若い人の子宮頸がんが増えているか説明しましょう。子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスが原因です。HPVはとてもありふれていて、1度でもセックスの経験のある女性なら、回数・期間・人数にかかわらずだれでも感染する可能性があります。感染しても自覚症状はほとんどありません。最近セックスの開始年齢が早くなったので、若い人の子宮頸がんが増えているのです。ほとんどの女性が一生に一度はHPVに感染するといわれています。そのうちの10人に9人は免疫力でウイルスを追い出すため、1~2年で自然にHPVが消えます。しかしまれにHPVに感染した状態が長く続くと、細胞が変化を起こす(これを「異形成」といいます)ことがあります。異形成になっても、多くの場合、自然に正常に戻りますが、中には異形成の程度が強くなり、さらに進行すると癌細胞に変化してしまうこともあります。HPVに感染してから子宮頸がんになるまでは、平均10年くらいかかるといわれているので、HPVに感染した段階や、細胞が変化を起こした段階で早く気づいて、進行しないかどうか、しっかり見張っておくことが大切です。

子宮頸がんは、がんになる前の異形成の段階で発見すると経過観察を行い、異形成の程度が強くなる場合には子宮頸部円錐切除という簡単な手術でほぼ100%治すことができます。がんになるまでには約10年かかるので、定期的に検診を受けていれば進行がんになってしまってから発見ということはほとんどありません。定期検診を受けることが誰にでもできる最善の予防法です。保健管理センターでは子宮頸がん検診のご案内をしております。いつでもご遠慮なくご相談ください。

(参考:子宮頚がんを考える市民の会冊子より)

松江市に住民票のある人は案内のハガキがきますので、ハガキを持って医療機関にいくと検診が受けられます。住民票のない人は少し値段が高くなりますが、保険を使って検査ができます。