学科長あいさつ

島根大学 生物資源科学部 生態環境科学科

Department of Ecology and Environmental Science, Shimane Univ.

学科長あいさつ

生態環境科学科長 増永 二之

証明写真4cm.jfif 私たち人間も含めて、生物はそれぞれが活動する周辺環境とふれあって生きています。それが生態系です。生態系には、森林、農地、河川・湖沼、土壌、動物、微生物など多様な系があり地球自体も一つのおおきな生態系と考えることも出来ます。そこでは、水・大気・養分・光などのやりとりを介して生物がお互いに、そして複雑に関係しています。環境破壊が叫ばれる現在、生態系を保全しながら持続的に利用することが今求められています。そのためには、各種の生態系(森林、農地、水、土壌、動物、微生物)について正確な知識を学び、環境破壊の大きな原因となっている人間の生活様式と生態系との係わりをよく理解する必要があります。
 私たちの生態環境科学科では、生態系の保全・評価・修復・有効利用の実践と、それに貢献できる人材の育成を目的として、教育・研究・社会活動を行っています。
 各種の生態系や環境が抱える問題とその改善に関心のある皆さん!私たちは、この生態環境科学科において、皆さんと共に学び、活動できることを願っております。

学科に入学すると...

生態環境科学科に入学するためには、①一般選抜(センター試験を必要とする)②特別選抜(センター試験を必要としない推薦入試)③帰国子女選抜 に合格する必要があります。また、一定の条件を満たす場合、3年時へ編入学することもできます(編入学試験あり)。

1年次は、生態環境科学科の学生として、基礎教育科目や共通教養科目を履修します。

2年次では、環境生物学講座・生態環境工学講座・森林環境学講座のいずれかの講座に分属し、各講座で決められた専門科目や実験を履修します。

3年次では、各講座の中でいずれかの研究分野(研究室)に分属します。研究分野単位でゼミや実験があります。

4年時では、主に卒業論文作成のため、実験・研究・調査等を行ないます。

卒業後は、さらに大学院生物資源科学研究科へ進学することもできます。

スライド1.jpg

ENTER
ENTER
ENTER
ENTER
ENTER
ENTER
ENTER
ENTER

学内リンク
LinkIcon生物資源科学部
LinkIcon島根大学

このホームページに対するご意見は
seitai1@life.shimane-u.ac.jpまで
(迷惑メール防止のため、数字の1を2に置き換えて下さい)