植物機能学 本文へジャンプ
 

研究活動


 
2015年度/2014年度/2013年度/ 2012年度/ 2011年度/ 2010年度/ 2009年度 / 2008年度 / 2007年度 / 2006年度
2015年度
【特別研究論文(4年生)】
2014年度
【特別研究論文(4年生)】
  • 島根県松江市周辺地域に適した甘果オウトウ品種の探索
  • カキ‘西条’の新系統開発に向けた研究
  • カキ‘西条’果実におけるエチレン生成と細胞壁分解酵素遺伝子発現との関係
【修士論文】
  • カキ果実における生体膜の劣化・褐変および軟化とエチレン生成の関係
【英文原著・論文】
  • Skin Browning and Expression of PPO, STS, and CHS Genes in the Grape Berries of ‘Shine Muscat’. Y. Suehiro, K. Mochida, H. Itamura and T. Esumi. Journal of the Japanese Society for Horticultural Science, 83: 122-132. (2014)
TOP▲
2013年度
【特別研究論文(4年生)】
  • 悪酔い防止機能を有する西条柿飲料の改良と顆粒の開発
  • カキ果実のエチレン生成と還元型アスコルビン酸およびヒドロキシラジカルの関係
  • カキ果実の褐変と還元型アスコルビン酸およびポリフェノールオキシダーゼの関係       
  • サクラの花序形態調査と花序形成に関与する遺伝子の解析
【修士論文】
  • ブドウ‘シャインマスカット’の果皮の褐変現象に関する研究
【英文原著・論文】
  • Varietal differences in the flavonol content of mulberry (Morus spp.) leaves and genetic analysis of quercetin 3-(6-malonylglucoside) for component breeding. M. Sugiyama, T. Katsube, A. Koyama and H. Itamura. Journal of Agricultural and Food Chemistry, 61: 9140-9147. (2013)
TOP▲
2012年度
【特別研究論文(4年生)】
  • カキ‘守屋’幼果の褐変・軟化におけるポリフェノールオキシダーゼとアスコルビン酸の変化
  • 暖地における甘果オウトウ‘サミット’の栽培を可能とする諸要因の解明
  • ブドウの機能性研究~ブドウにおけるレスベラトロールの分析~
【総説】
  • 特集:果実と健康に関する研究の最前線,カキ果実飲料の安全性およびカキの健康機能性. 板村裕之. 農林水産技術研究ジャーナル, 35: 22-26. (2012)
TOP▲
2011年度
【特別研究論文(4年生)】
  • ‘シャインマスカット’の果皮の褐変現象に関する研究
  • サクラおよびその近縁種の花序に関する研究
【総説】
  • 西条柿の機能性と産業への応用. 板村裕之. 食品工業, 54: 57-65. (2011)
  • 柿の機能性~カキタンニンの利用~. 板村裕之. フルーツひろしま, 31:14-17. (2011)
【英文原著・論文】
  • Expression of genes encoding xyloglucan endotransglycosylase/hydrolase in ‘Saijo’ persimmon fruit during softening after deastringency treatment. A. Nakatsuka, T. Maruo, C. Ishibashi, Y. Ueda, N. Kobayashi, M. Yamagishi and H. Itamura. Postharvest Biology and Technology, 62: 89-92. (2011)
  • The Arabidopsis Na+/H+ antiporters NHX1 and NHX2 control vacuolar pH and K+ homeostasis to regulate growth, flower development, and reproduction. E. Bassil, H. Tajima, Y.-C. Liang, M. Ohto, K. Ushijima, R. Nakano, T. Esumi, A. Coku, M. Belmonte and E. Blumwald. The Plant Cell, 23: 3482-3497. (2011)
  • Effect of ingestion of the Japanese persimmon‘Saijo’fruit on ethanol levels in the blood of humans and rats. H. Itamura, N. Sun, M. Nimura, S. Shimosaki, A. Nakatsuka, H. Ando, H. Nagamatsu, T. Katsube, Y. Tsurunaga, Y. Asano, O. Arakawa, T. Kamei, K. Murata, K. Suginaka, K. Funaki, T. Matsumoto, Y. Kojima, E. Uemura, N. Murakami, H. Matsuzaki. Food Preservation Science, 37:155-165. (2011)
TOP▲
2010年度
【特別研究論文(4年生)】
  • カキ‘西条’への花成促進遺伝子FTの導入と形質転換系の確立
  • 西南暖地におけるオウトウの着果要因としての花粉発芽と胚のう形成
  • カキ‘守屋’果実の褐変とラジカルおよびアスコルビン酸との関係
  • カキ‘西条’の育種に関する研究-倍数性変異の発生調査と形質転換系の確立-
【博士論文】
  • Studies on the 'Tree Factor' and its role in the development and ripening of persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit. N. Sun. (2010)
【英文原著・論文】
  • Anti-allergic effect of the flavonoid myricitrin from Myrica rubra leaf extracts in vitro and in vivo. S. Shimosaki, Y. Tsurunaga, H. Itamura and M. Nakamura. Natural Product Research 25:374-380 (2011)
  • Changes in inner contents of 'Kyoho' grape berry during the growth and ripening reriod. T. Ban, A. Nakatsuka, S. Matsumoto, M. Ishimaru and H. Itamura. Journal of Applied Horticulture, 12: 93-96. (2011)
  • The Arabidopsis intracellular Na+/H+ antiporters NHX5 and NHX6 are endosome associated and necessary for plant growth and development. E. Bassil, M. Ohto, T. Esumi, H. Tajima, Z. Zhu, O. Cagnac, M. Belmonte, Z. Peleg, T. Yamaguchi and E. Blumwald. The Plant Cell 23:224-239. (2011)
  • Effects of photosynthase transport and water flow to young fruit on fruit drop via ethylene synthesis in persimmon (Diospyros kaki Thunb.). N. Sun, F. Adachi, M. Kadowaki, A, Nakatsuka, T. Esumi and H. Itamura. Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 79:340-347. (2010)
  • Identification of a TFL1 ortholog in Japanese apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc.). T. Esumi, Y. Kitamura, C. Hagihara, H. Yamane and R. Tao. Scientia Horticulturae 125:608-616. (2010)
TOP▲
2009年度
【特別研究論文(4年生)】
  • カキ‘富有’果実の消臭効果に関する研究
  • オウトウ‘サミット’の西南暖地における栽培適性に関する研究
  • カキ‘西条’系統の果実軟化と培養特性に関する系統間比較
  • カキ果実のラジカル発生とエチレン生成および褐変との関係
【修士論文】
  • カキ果実における細胞壁分解酵素遺伝子のEST解析
【総説】
  • Postharvest physiology of persimmon fruit. Itamura, H. and Sun, N. Horticulture, Environment, and Biotechnology, 50: 546-554. (2009)
  • 輸出に向けたリンゴ・ナシ大玉果実の生産-形態的多様性研究からの視点-. 江角智也. 日本食品保蔵科学会誌, 35(3): 139-147. (2009)
【英文原著・論文】
  • Effects of packaging after ethylene treatment on soft ripening and fruit cracking in ‘Saijo’ persimmons (Diospyros kaki Thunb.). Akaura, K. and Itamura, H. Food Preservation Science, 36: 9-15. (2010)
  • Evaluation of cold tolerance among Japanese persimmon ‘Saijo’ strains. Mochida, K. and Itamura, H. Journal of Agricultural Meteorology, 65: 89-96. (2009)
  • Improving shelf life of cut persimmon fruit. Itamura, H., Nakamoto, T., Hanaoka, Y. and Sun. N. Acta Horticulturae, 833: 295-298. (2009)
  • Effects of ‘Tree ethylene inhibitory factors’ on fruit drop and ethylene production in persimmons. Sun, N., Nakatsuka, A., Yamaguchi, N. and Itamura. H. Food Preservation Science, 35: 241-248. (2009)
  • Identification of an FT ortholog in Japanese apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc.). T. Esumi, C. Hagihara, Y. Kitamura, H. Yamane and R. Tao. The Journal of Horticultural Science & Biotechnology, 84(2): 149-154. (2009)
  • Cloning and characterization of a self-compatible Sf haplotype in almond [Prunus dulcis (Mill.) D.A. Webb. syn. P. amygdalus Batsch] to resolve previous confusion in its Sf-RNase sequence. T. Hanada, K. Fukuta, H. Yamane, T. Esumi, R. Tao, T. M. Gradziel, A. M. Dandekar, Á. Fernández i Martí, J. M. Alonso and R. Socias i Company. HortScience, 44(3): 609–613. (2009)
【和文原著・論文】
  • カキ‘西条’における樹上軟化発生率の年次変動とマンガン含量の関係.栂野康行・持田圭介・倉橋孝夫・竹下 修・板村裕之. 園芸学研究,8:297-302. (2009)
  • ニッケルイオン処理によるカキ‘西条’果実の樹上軟化抑制.松本敏一・倉橋孝夫・松本真悟・赤浦和之・牧 慎也・鶴永陽子・板村裕之. 園芸学研究,9,47-52. (2010)
TOP▲
2008年度
【特別研究論文(4年生)】
  • 水およびアスコルビン酸処理がカキ脱渋果の軟化に及ぼす影響
  • カキ果実の樹上における軟化とエチレン生成および遺伝子発現
  • カキタンニンの活性抑制的機能性の検討
  • 異なる培地組成とカナマイシン濃度がカキ‘西条’形質転換体の再生に及ぼす影響
【修士論文】
  • 機能性への応用に向けた分子量の異なるカキフラボノイド化合物の探索
  • 地域食材の発掘と高付加価値化への取り組み
【総説】
  • カキタンニン(Ⅴ)カキタンニンの特質を生かした利用法について,平 智・板村裕之,日本食品保蔵科学会誌,34:294-297 (2008)
  • 果実の事典‘ブルーベリー’, 板村裕之, 朝倉書店 東京 pp.436-439 ISBN: 978-4-254-43095-0 C3561 (2008)
  • 果実の事典‘マツの実’, 板村裕之, 朝倉書店 東京 pp.602-604 ISBN: 978-4-254-43095-0 C3561 (2008)
【英文原著・論文】
  • Evaluation of cold tolerance among Japanese persimmon 'Saijo' strains. Mochida,K. and Itamura,H., J. Agric. Meteorol. 65: 89-96. (2009)
  • Expressed sequence tags from persimmon at different developmental stages. Nakagawa, T., Nakatsuka, A., Yano, K., Yasugahira, S., Nakamura, R., Sun, N. Itai, A., Suzuki, T. and Itamura., H, Plant Cell Reports, 27: 931-938. (2008)
  • Packaging and storage of soft-ripened ‘Saijo’ persimmons (Diospyros kaki Thunb.) for improving sales. Akaura, K. and Itamura, H., Food Preservation Science,35: 23-28. (2008)
TOP▲
2007年度
【特別研究論文(4年生)】
  • カキ‘西条’における植物体再生系および形質転換系の確立
  • カキ果実の樹上における着色と内部エチレンの関係
  • カキの紅葉発達過程における葉柄基部の組織学的観察
  • 西南暖地におけるオウトウの早期加温促成栽培
【修士論文】
  • Effects of 'tree factors' on fruit drop, softening and ethylene production in persimmon
【英文原著・論文】
  • Functional component contents in mature leaves, young shoots, and adventitious shoots of Japanese persimmon‘Saijo’. Tsurunaga Y., H. Itamura, Food Science and Technology Research, 14: 62-66. (2008)
  • Screening for resistance to ripe rot caused by Collecttrichum acutatum in grape germplasm. Shiraishi M., M. Koide, H. Itamura, M. Yamada, N. Mitani, T. Ueno, R. Nakaune and M. Nakan, Vitis, 46: 196-200. (2007)
【和文原著・論文】
  • Mnの土壌施用とpH調整によるカキ‘西条’の樹上軟化防止効果 持田圭介・倉橋孝夫・栂野康行・板村裕之, 園芸学研究, 7(1): 33-38. (2008)
  • エチレンおよび脂肪酸処理がカキ‘西条’果実の熟柿化に及ぼす影響 赤浦和之・孫寧静・板村裕之, 園芸学研究, 7(1): 111-114. (2008)
  • 柿葉茶中のアスコルビン酸含量を高く保持するための蒸熱処理時間における指標としての新梢長利用の可能性 鶴永陽子・田中大介・松本敏一・鈴木芳孝・板村裕之, 日本食品保蔵科学会誌, 33: 267-271. (2007)
TOP▲
2006年度
【特別研究論文(4年生)】
  • カキ‘西条’果実の機能性と製品化
  • カキ‘西条’におけるエチレン非感受性形質転換体の作出と植物体再生
  • 渋ガキにおける脱渋法の違いがヒト摂取後のカキタンニンの機能性に及ぼす影響
  • カキ果実の樹上における成熟・軟化と内部および内生エチレンの関係
【英文原著・論文】
  • Pre-harvest nickel application to the calyx of‘Saijyo’persimmon fruit prolongs postharvest shelf-life, Zheng, Q., A, Nakatuka, T, Matsumoto and H. Itamura. Postharvest Biology and Technology 42:98-103. (2006)
  • Effects of shoot length on amounts of functional components of leaves and shoots for tea from Japanese persimmon ‘ Saijo’, Tsurunaga, Y., T. Matsumoto, T. Kurahashi, K. Mochida and H. Itamura. Food Preservation Science, 32: 147-152. (2006)
  • Involvement of negative feedback regulation in wound-induced ethylene synthesis in ‘Saijo’ persimmon, Zheng, Q.,A, Nakatsuka, and H. Itamura. Agricultural and Food Chemistry, 54: 5875-5879. (2006)
【和文原著・論文】
  • 採取時期および雌雄がヤマモモの当年葉におけるラジカル捕捉活性に及ぼす影響.鶴永陽子・松崎 一・松本敏一・冨川康之・板村裕之.園芸学研究,6(1):151-156. (2007)
  • カキ‘西条’における樹上軟化発生の原因と早生系統間差.持田圭介・板村裕之.園芸学研究, 6(1):97-103. (2007)
  • 製造工程がヤマモモ葉茶のアスコルビン酸含量、ポリフェノール含量およびラジカル捕捉活性に与える影響.鶴永陽子・松崎 一・松本敏一・冨川康之・板村裕之.日本食品保蔵科学会, 32: 221-227. (2006)
  • カキ‘西条’における傷害・水ストレス処理と果実の樹上および収穫後軟化.松本敏一・板村裕之・倉橋孝夫・牧 慎也・松本真悟.園芸学研究, 6(1):119-123. (2006)
TOP▲
 
 Copyright (C) Shimane Univ. Department of Agriculture Horticulture and Breeding group. All rights Reserved.