卒業(修了)生の研究題目

1997年度

矢崎進 アフリカツメガエルの変態におこる筋成体化に関わる筋タンパク質変動

1998年度

川上潔 アフリカツメガエル変態期における筋成体化の時間的・空間的調節機構

下江縮 アフリカツメガエル変態期における筋タンパク発現量変動とTによる調節

金子弥生 ツメガエル成体型および幼生型筋芽細胞のTによる増殖・分化・プログラム死の調節

1999年度

柴生田葉子(修士) ツメガエル幼生型及び成体型筋芽細胞の培養下での異質性と両者の相互作用

田村絢 成体型および幼生型の筋芽細胞の分化に及すプロラクチンとハイドロコルチゾンの影響

越智宣幸 ツメガエル幼生尾筋由来マクロファージの増殖、分化、貪食作用のホルモンによる調節

2000年度

宮本咲子 ツメガエル成体型骨格筋の発生機構-筋芽細胞の肢芽への移動および融合能獲得の解析-

2001年度

武井亜弥 成体型および幼生型の筋芽細胞の分化に及す高濃度血清の影響

嵯峨山智恵 ツメガエル発生過程に及ぼすT濃度の影響

2002年度

高橋潤 ツメガエルPax3の肢芽における発現パターンの解析

世戸千佳恵 ツメガエル成体型筋芽細胞の増殖・分化におよぼすIGF-Iの影響

2003年度

塚本敏隆 高濃度Tによるツメガエル前肢突出の誘導および低濃度T3による発生促進効果

勝部あずみ ツメガエル幼生肢芽細胞の培養下での筋分化に及ぼす甲状腺ホルモン(T)の影響

石川夏子 ツメガエル成体型および幼生型筋芽細胞の増殖・分化に及ぼすIGF-1の効果

2004年度

中林夏樹 ツメガエル幼生型および成体型筋芽細胞の異質性と発生メカニズムの解析

三島優一 ツメガエル肢芽における筋分化機構の解析

2005年度

島田慎吾 核マーカーを用いた肢芽交換移植によるツメガエル後肢および肢帯の形態形成に関する研究

・丸岡晃仁 チオウレアをもちいた発生阻害によるツメガエル幼生組織の甲状腺ホルモン反応能に関する研究

2006年度

・安谷屋智恵子 肢芽移植によるツメガエル四肢形成機構の解析:過剰肢・移植肢・再生肢の形成のしくみ

・大田真央 ツメガエル幼生の体軸筋が多核化するしくみ:アミトーシスの観察

・三塩佐和子 ツメガエル発生における甲状腺ホルモン依存性の解析:後肢および性腺の発達

2007年度

・山根瞳 脊索と神経による体軸筋分化の調節機構

・田中将悟 肢芽の軟骨形成を促進するしくみ

2008年度

・鹿毛裕之 尾マクロファージの再生への関与

2009年度

・田中健史 ツメガエル胚初期の筋分化の研究

・川地 ツメガエル肢芽、尾に変態期に変動発現するRNA

・松本 ツメガエル変態期に肝臓に発現する膜糖蛋白の分析

2010年度

・保田朋子 筋芽細胞におけるミトコンドリアの観察

2011年度

・高柳勇人 ツメガエル幼生由来神経細胞の培養と甲状腺ホルモンの影響

2012年度

 ツメガエル性分化に関わるホルモンの影響 (小島)

2013年度

 ツメガエル筋形成へのIGF1の効果 (和田)

 ツメガエル筋形成へのTGFβの効果 (狩山)

2014年度

 (河上) ツメガエル指間細胞死

 (宮田) 誘導された新生肢芽における神経形成の有無

 (原) ツメガエル幼生尾マクロファージの単離と培養

2015年度

 (矢田) ツメガエル筋幹細胞の分化に対するDNA合成阻害剤の影響

2016年度

 (岩崎)ユビキチン分解系の阻害ペプチドおよび大豆ペプチドによるツメガエル筋委縮抑制効果

 

 

  • 以下の項目をクリックしてください

Reference

トップページ

両生類変態とは

プログラム細胞死とは

ツメガエル筋形成のおもしろい特徴