島根大学生物資源科学部


植物育種学研究室

HOME   研究紹介   業績   メンバー   出雲おろち大根   小林伸雄教授   中務明准教授  

辛味大根『出雲おろち大根』

@ 出雲地域の宍道湖畔や島根半島の浜辺に自生するハマダイコンを品種改良した 辛味大根で,正真正銘の出雲産の新香辛野菜です.

A 大根おろしにすると,激烈な辛さと旨みがあり, 「出雲そば」をはじめとして,各種料理の薬味に最適です.

B この辛味成分イソチオシアネートは通常の青首大根の3倍〜5倍含まれており, 殺菌作用や細胞増殖抑制作用等の機能性に優れます.

C ヒゲ根の多い形状は出雲神話の「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」を彷彿させ, 「オロシ(チ)」て,食べると強烈な刺激があることから 『出雲おろち大根』と命名しました.

D 「出雲そば」をはじめ,いろいろな料理の薬味として, 出雲地域の特産品として,全国普及を目的に,島根大学にて 品種改良と栽培,辛味の追及に関する研究を進めています.