島根大学生物資源科学部


植物育種学研究室

HOME   研究紹介   業績   メンバー   出雲おろち大根   小林伸雄教授   中務明准教授  

【遺伝資源・品種改良】

@ 日本原産で花が美しいツツジ属植物を研究材料にして、 遺伝資源の自生地調査と収集、形態やDNAマーカーを用いた 遺伝的多様性の評価、有用な特性の交配育種による導入などに 関する研究を行っています。具体的には山陰地域の川沿いに 自生するキシツツジの調査とその環境耐性、秋咲き性などの 育種導入に関する研究、花色や形態に多様な変異をもつ 日本園芸品種の解析と育種利用に関する研究、またこれまでにない 形態や花色のツツジ、また香りツツジの育種に関する研究も進めています。

naiyou


A 多年性の花卉や野菜などにはいまだに品種改良があまり 進んでいない種類が数多くあります。日本原産(ツツジ・ハマダイコンなど) や南米原産(ジャカランダ・テコマ・アスクレピアスなど)の育種素材を用いて, 交配育種や倍数性育種、イオンビーム照射による突然変異育種等による 品種改良に関する研究と新品種の作出を行っています。

【遺伝子解析】

@ ツツジの園芸品種には、野生種からの選抜や交配の結果、 花器の形態変異を持つものが数多く含まれています。ツツジ品種や その形態関連遺伝子を育種利用するために、花器形態変異を 引き起こしているホメオティック突然変異遺伝子の解析を行っています。 また、ツツジの花の主要な色素はアントシアニンです。常緑性ツツジにおいて 黄色花や青色花等の新花色を作ることが育種目標の一つです。 アントシアニン生合成経路に関する育種素材の特性を踏まえた上で 育種戦略を立てるため、常緑性ツツジの野生種や園芸品種について着色を 決定する遺伝子を調査しています。

A ツツジ花器から色素合成・形態形成・開花時期などに関わる遺伝子に注目し、 さらにそのDNA配列の解析や発現解析および遺伝性を調査しています。 また、ツツジは播種から開花までに数年かかるため、これらの有用な形質の 早期選抜を可能にするDNAマーカーの開発も行っています。

【過去の研究紹介】

2012年度の研究テーマ

  • 常緑性ツツジの見染性形質に関連するDNAマーカーの遺伝性
  • ツツジにおける花色の発現要因と制御遺伝子の解析
  • SSR解析による江戸キリシマ系ツツジの品種発達と伝播経路の推定
  • アスクレピアスの染色体数と倍数性の遺伝性について
  • 紫系および赤系‘出雲おろち大根’育成系統における形質の固定化について
  • 2011年度の研究テーマ

  • 常緑性ツツジにおける采咲き・蕊咲き品種の形態および形態形成関連遺伝子に関する研究
  • Studies on the morphology of narrow- and staminoid-petaled flower cultivars and its related genes in evergreen azalea.
  • 常緑性ツツジ‘大紫’の花芽形成と開花関連遺伝子に関する研究
  • Studies on flower bud formation and its related genes in evergreen azalea Rhododendron x pulchrum 'Oomurasaki'.
  • 常緑性ツツジの二重咲きおよび八重咲きにおけるB,CクラスMADS-box遺伝子の解析
  • 常緑性ツツジにおける見染性品種の遺伝性と交配実生の形質評価
  • ツツジ野生種の再分化系における培養条件の検討
  • 倍数性アスクレピアスを利用した変異体作出とその形質

  • 【access】
    島根大学 生物資源科学部 農林生産学科
    農業生産学教育コース 植物育種学研究室 生物資源2号館2階

    【外部リンク】
    島根大学/ 生物資源科学部・研究科/ 農林生産科学専攻/ 農林生産学科/ 農業生産学教育コース