島根大学生物資源科学部


植物育種学研究室

HOME   研究紹介   業績   メンバー   出雲おろち大根   小林伸雄教授   中務明准教授  

【著書・原著論文・学会発表・その他業績】

2013年度


[論 文]
1. 伴琢也・串崎可奈恵・足立文彦・石橋美保子・武 田久男・小林伸雄・浅尾俊樹.籾殻を利用したブルーベリーの挿し木繁殖用培養土の開発. 園芸学研究, 12:131-134. (2013年4月).

2. Kobayahi, N. Evaluation and application of evergreen azalea resources of Japan. Acta Hort. 990:213-219 (May, 2013)

3. Itamura, H., Nakatsuka, A., Sun, N., Esumi, T., Yamada, A., Yano, K. and Nakagawa, T. 2013. Effect of ascorbate on prolonging shelf life of persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit. Acta Hort. (ISHS) 989:131-138 (May, 2013)

4. Nakatsuka, A., Itamura, H., Yano, K., Abe, R., Someya, T. and Nakagawa, T. Analysis of expressed sequence tags from rapidly softened pulp of persimmon (Diospyros kaki Thunb.). Acta Hort. (ISHS) 996:111-116 (June, 2013)

5. Itamura, H., Nakatsuka, A., Adachi, T. and Yoshioka, M. Relationships among ethylene, cell wall degrading enzyme activities and on-tree softening in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit Acta Hort. (ISHS) 996:379-384 (June, 2013)

6. Sun, N., Tang, Z., Nakatsuka, A. and Itamura, H. Studies on the ‘Tree Factor’ and Its Role in Regulating Induction of Ethylene in Persimmon (Diospyros kaki Thunb.) Fruit. Acta Hort. (ISHS) 996:399-404 (June, 2013)


[学会発表]
1.板村裕之・中務 明・米永裕 二・末廣優加・江角智也・山内直樹.カキ‘守屋’果実の褐変とポリフェノールオキシダーゼおよびアスコルビン酸との関係.第62回日本食品保蔵科学会大会(山形) 2013年6月

2.中務 明・板村裕之. 樹上におけるカキ果実の軟化と細胞壁分解酵素遺伝子の発現 .第62回日本食品保蔵科学会大会(山形) 2013年6月

3.小林伸雄・永冨志織・新田紗代・林蘇娟・江角智也・中務明. アスクレピアス (Asclepias curassavica L.)における倍数性の遺伝について.園芸学会平成25年度中四国支部大会,(香川)2013年7月

4.中務明・伊東あかね・人見茉美・小林伸雄. 常緑性ツツジの花色における諸要因について.園芸学会平成25年度中四国支部大会,(香川)2013年7月



2012年度


[著 書]
1. 倉重祐二・小林伸雄・秋山伸一. 「津ゝし絵本」解説, 発行:島根大学生物資源科学部,(財)新潟県都市緑化センター新潟県立植物園, 2013年3月20日, ISBN 978-4-905400-06-6 C3645, pp.114

[論 文]
1. Hao, Q., Aoki, N., Katayama, J., Kako, T., Cheon, K.-S., Akazawa, Y. and Kobayashi, N. Crossability of American tree peony ‘High Noon’ as seed parent with Japanese cultivars to breed superior cultivars. Euphytica, 191:35-44. (May, 2013) DOI 10.1007/s10681-012-0853-3 (Published online: 20 December 2012)

2. Kobayashi N., Matsunaga M., Nakatsuka A., Mizuta D., Shigyo, M. and Akabane, M. Chimeric inheritance of organelle DNA in variegated leaf seedlings from inter-subgeneric crossing of azalea. Euphytica, 191:121-128. (Feb. 2013) DOI 10.1007/s10681-013-0889-z (Published online 16 Feb.2013.)


[学会発表]
1. 板村裕之・中務 明・米永裕 二・末廣優加・江角智也・山内直樹.カキ‘守屋’果実の褐変とポリフェノールオキシダーゼの関係.第61回日本食品保蔵科学会大会(KKRホテル大阪) 2012年6月

2. 中務 明・坂田裕明・中川 強・矢野健太郎・小林伸雄・板村裕之.樹上軟化果実EST由来のペクチン分解酵素遺伝子の発現解析.第61回日本食品保蔵科学会大会(KKRホテル大阪) 2012年6月

3. Kobayashi, N. Evaluation and application of evergreen azalea resources of Japan. 2nd International Symposium on Woody Ornamentals of the Temperate Zone. 1-4 July 2012, Ghent, Belgium.

4. Scariot, V., Caser, M. and Kobayashi, N. Evergreen azaleas tolerant to neutral and basic soils: breeding potential of wild genetic resources. 2nd International Symposium on Woody Ornamentals of the Temperate Zone. 1 - 4 July 2012, Ghent, Belgium.

5. Miyajima I., Kurotani Y., Kobayashi N., Soto S. and Facciuto G. Interspecific crosses between Jacaranda mimosifolia and J. cuspidifolia (Bignoniaceae). 2nd International Symposium on Woody Ornamentals of the Temperate Zone. 1 - 4 July 2012, Ghent, Belgium.

6. 小林伸雄・枡川貴紀・田中万 美子・星田知亜紀・水田大輝・門脇正行・安田登・中務明・伴琢也.紫系および赤系‘出雲おろち大根’育成系統の作出とその特性評価.園芸 学会平成24年度中四国支部大会(岡山)2012年7月

7. 松本 粋・ 田ア啓介・中務 明・小林伸雄.ツツジ野生種における再分化系の培養条件の検討,園芸学会平成24年度中四国支部大会,(岡山)2012年7月

8. 小林伸雄.島根県隠岐諸島に 自生するトウテイランの分布状況と開花形質変異 園芸学会平成24年度中四国支部大会(岡山)2012年7月

9. Cheon, K.S., Nakatsuka, A., Tasaki, K. and Kobayashi, N. Relationship between the development of flower bud and the expression of flowering-related genes during flower bud formation in evergreen azalea ‘Oomurasaki’ (Rhododendron × pulchrum). 24th Internatioanal EUCARPIA Symposium Section Ornamentals. Abstract P.88. 2-5 Sept. 2012, Warsaw, Poland

10. 宮島郁夫・桂 奈 央・中山真義・Soto Silvina・小林伸雄 ジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)の花弁内主要アントシアニンの同定.園芸学会平成24年度秋季大会(福井)2012年9月

11. Nakatsuka A., Itamura, H., Nakagawa, T., Yano, K., Abe, R. and Someya T. Analysis of expressed sequence tags from rapid softened pulp of persimmon (Diospyros kaki Thunb.). The 5th International Symposium on Persimmon. 20-25 Oct. 2012, Wuhan-Gongcheng, China.

12. Itamura, H., Nakatsuka, A., Adachi, T. and Yoshioka, M. Relationships among ethylene, cell wall degrading enzyme activities and on-tree softening in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit. The 5th International Symposium on Persimmon. 20-25 Oct. 2012, Wuhan-Gongcheng, China.

13. Sun, N.J., Tang, Z.P., Nakatsuka, A. and Itamura, H. Studies on the ‘Tree factor’ and its role in regulating induction of ethylene in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit. The 5th International Symposium on Persimmon. 20-25 Oct. 2012, Wuhan-Gongcheng, China.

14. 小林伸雄・倉重祐二・久末真 理奈・渡邉弘行・中務明.日本各地に分布する江戸キリシマ系ツツジのSSRマーカーによる品種比較,園芸学会平成25年度春季大会,(東京農工大)2013年3月.

15. 千 慶 晟・中務 明・小林伸雄.ツツジ属植物の遺伝資源の活用に関する研究(第36 報)見染性(花冠持続)形質に関するMADS-box遺伝子の解析,園芸学会平成25年度春季大会,(東京農工大)2013年3月.

16. 山田幸輝・後藤千佳・田淵俊 人・小林伸雄.ツツジにおける花冠脱離の解剖学的・組織化学的研究.園芸学会平成25年度春季大会 (東京農工大)2013年3月.

17. 馬場隆士・小川明日香・廣瀬 大・渡辺直明・小林伸雄・倉重祐二・伴琢也.我が国においてツツジ科果樹に内生する菌根菌相の解明(第3報)スノキ属野生種ナツハゼのhair rootにおける菌根化率について.園芸学会平成25年度春季大会(東京農工大)2013年3月.




【access】
島根大学 生物資源科学部 農林生産学科
農業生産学教育コース 植物育種学研究室 生物資源2号館2階

【外部リンク】
島根大学/ 生物資源科学部・研究科/ 農林生産科学専攻/ 農林生産学科/ 農業生産学教育コース