森林学教育コース

島根大学生物資源科学部農林生産学科
(4年生は島根大学生物資源科学部生態環境科学科森林環境学講座所属)


ファルカタ(Albizia falcataria)のプランテーション(インドネシア・東ジャワ)


最新情報

○ 2016年3月25日 平成27年度島根大学学位授与式(松江キャンパス)に続き、森林環境学講座において卒業生に学位記が手渡されました。(写真1写真2写真3写真4
○ 2016年2月16日 森林学教育コース卒業論文発表会・農林生産学専攻(森林)修士論文発表会が開催されました。(写真
○ 2015年11月11日 森林学教育コース卒業論文中間発表会が開催されました。(写真1写真2写真3写真4写真5
○ 2015年8月9日 森林学教育コースのオープンキャンパスが開催されました。(写真1写真2写真3
○ 2015年4月7日 森林学教育コースの新入生オリエンテーションが開催されました。(写真
○ 2015年3月25日 平成26年度島根大学学位授与式(松江キャンパス)に続き、森林環境学講座において卒業生に学位記が手渡されました。(写真
○ 2015年2月17日 生態環境科学科森林環境学講座卒業論文発表会・農林生産学専攻(森林)修士論文発表会が開催されました。(写真
○ 2014年10月29日 生態環境科学科森林環境学講座卒業論文中間発表会が開催されました。(写真
○ 2014年8月7日 森林学教育コースのオープンキャンパスが開催されました。(写真
○ 2014年4月7日 森林学教育コースの新入生オリエンテーションが開催されました。(写真
○ 2014年3月25日 平成25年度島根大学学位授与式(松江キャンパス)に続き、森林環境学講座において卒業生に学位記が手渡されました。(写真
○ 2014年2月17日 生態環境科学科森林環境学講座卒業論文発表会・農林生産学専攻(森林)修士論文発表会が開催されました。(プログラム
○ 2013年11月20日 生態環境科学科森林環境学講座卒業論文中間発表会が開催されました。(写真
○ 2013年8月9日 森林学教育コースのオープンキャンパスが開催されました。(写真1写真2写真3
○ 2013年4月8日 森林学教育コースの新入生オリエンテーションが開催されました。(写真


紹介

 日本は国土の約68%が森林に覆われた世界有数の森林国です。森林は生物多様性の保全、土砂災害の防止、水源のかん養、保健休養の場の提供などの多面的機能を有しており、私たちの生活と深くかかわっています。中国地方の大学では唯一森林に関して総合的に学ぶことができ るのが、島根大学生物資源科学部農林生産学科森林学教育コースで、森林および林業に関連する諸事象に関して生態学的および社会学的視点から 問題解決に取り組んでいます。本コースは「森林生態環境(旧エコロジー)」「森林資源管理(旧エコプラン)」という2つの研究分野で構成され、生物資源教育研究センター森林科学部門(演習林)と連携しながら以下のようなテーマの教育・研究を行っています。

○ 森林生態系の仕組みと保全
○ 森林を支える土壌と水環境
○ 森林資源を収穫・利用するための生産システム
○ 再生可能な資源としての木質バイオマスエネルギー
○ 森林計画・管理のための地理情報システムとリモートセンシング
○ 森林・林業に関連する政策と経済


教員

森林生態環境分野
准教授 川口英之 PDF版紹介 生物資源科学部2号館4階406
准教授 橋本 哲 PDF版紹介 生物資源科学部2号館4階424
准教授 久保満佐子 PDF版紹介 生物資源科学部2号館4階410
助教 藤巻玲路 PDF版紹介 生物資源科学部2号館4階408

森林資源管理分野
教授 小池浩一郎 PDF版紹介 生物資源科学部2号館5階507
教授・コース長 伊藤勝久 PDF版紹介 生物資源科学部2号館5階535
教授 吉村哲彦 PDF版紹介 生物資源科学部2号館5階503
准教授 米 康充 PDF版紹介 生物資源科学部2号館5階505
助教 橋絵里奈 PDF版紹介 生物資源科学部2号館5階501

森林科学部門
准教授・部門長 山下多聞 PDF版紹介 生物資源科学部2号館4階426

生物資源科学部2号館の場所はこちらをご覧下さい。


専門分野・研究紹介

専門分野対応表教員名をクリックすると研究紹介が表示されます
  川口英之 久保満佐子 藤巻玲路 山下多聞 橋本 哲 橋絵里奈 米 康充 吉村哲彦 小池浩一郎 伊藤勝久
森林生態学              
熱帯林生態学                  
森林立地学              
森林水文・砂防学                  
野生動物管理学            
造林学              
森林計画学            
森林風致学                  
森林情報学                
森林利用学                
バイオマス利用学                  
森林経済学                
山村経済学                  
林政学                  
注: ◎主な専門分野 ○専門分野 △対応可能分野


授業・実習紹介

森林学実習II
夏季ドイツ研修(2014年)
夏季ドイツ研修1 / 夏季ドイツ研修2(2015年)


カリキュラム

 1年次には専門科目を学習するための基盤となる科目を履修するとともに、森林学教育コースへの入口となるセミナー、さらに生物資源教育研究センター三瓶演習林での実習を行います。 2年次から森林学に関する各分野の専門講義や実習を履修し、3年次には研究室(森林生態環境分野か森林資源管理分野)に分属して演習や専門実験、卒業研究に取り組みます。3年次前期あるいは後期から卒業研究の立案・計画を開始して、4年次の秋には卒業研究の中間発表を行います。なお、本コースでは卒業研究が必修となっています。

主要科目

注: 必修科目(赤)/選択必修科目(青)/選択科目(黒)
注: アンダーラインは実習・実験・演習


取得可能な資格

○ 高等学校教諭一種(理科・農業)
○ 中学校教諭一種(理科)
○ 学芸員
森林情報士2級
○ 自然再生士補
○ 樹木医補


ダウンロード

○ 後発林業地における経営マインドをもつ「革新的森林経営」の担い手育成プロジェクト報告書(表紙本文


リンク

島根大学
島根大学生物資源科学部・生物資源科学研究科
島根大学生物資源科学部農林生産学科生態環境科学科
鳥取大学大学院連合農学研究科
島根大学生物資源科学部附属生物資源教育研究センター森林科学部門
○ GPSの森@島根大学(休止中)


本サイトの内容に関するお問い合わせは、「t_yoshimura@life.shimane-u.ac.jp」(全角の@を半角の@に替えて下さい)へお願いします。

2016年5月10日更新