作物生産学分野

いったい作物とは何だろう?

 農業分野で作物とは、イネ、ムギ、ダイズ、トウモロコシ、サツマイモ、ジャガイモなどの人の毎日の活動エネルギ−と栄養になる有用植物のことをさします。ただし、ダイズを枝豆で、あるいはトウモロコシをスイ−トコ−ンとして収穫すると野菜となり、硬くなって保存のきく状態になった場合には作物とみなせ、単なる便宜的な呼び方でもあります。

作物生産学分野とは何をする分野なのか?

 作物は長い歴史の中で人々や動物の生存を支え、繁栄に貢献してきました。生産量は徐々に増加し、安定的な食料を供給することで人口が増加しました。特に、近代に入ってからの作物生産の向上は目覚しいものでした。その原因は大きく二つあります。ひとつは、高い収穫量をもたらす新しい品種の登場です。ほとんど全ての品種は、熱心な農夫の経験による選抜と、それらの品種を基にした農業技術者による交配(異なる品種の雄蕊と雌蕊の掛け合わせ)で作られてきました。もひとつは、栽培技術の進歩です。肥料や農薬の使用、植え付け方法、植える時期などの栽培技術です。作物の高い生産は、高い生産能力や品質を持つ品種の能力と、それを支える農業技術がなければ達成されることはありませんでした。

 作物生産学とは、大気や土壌などの自然環境に対して作物がどのように遺伝的な能力を発揮し、環境はどのように作物の生産を向上させるのか、すなわち自然環境−作物のインタ−フェ−スの動きを扱う分野です。

 

作物生産学には何を求められているのか?

 現在、産業革命以降の石炭や石油の大量使用によって、空気中の炭酸ガス濃度が上昇し、また冷蔵庫などを冷やすために使われるフロンなどの放出により、太陽エネルギ−の空への放出が妨げられて気温が上昇しつつあるとされています。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)という機関の予測によると,温暖化により2100年には1990年に比べ地球全体の平均気温が1.4から5.8度上昇すると予測されています.我が国では,20世紀の100年で1度平均気温が上昇し,この上昇は世界平均の上昇の約2倍となります.近年は気温の高い年が多く,低温の年は少なくなっています.温度変化とともに気象が変化して、雨が大量に降ったり、降らなかったり、作物もかってないような急激な環境の変化にさらされる可能性があります。

 それに対してどうするのか?これは、作物生産学の大きなテ−マのひとつです。温度、土壌の水分、空気中の炭酸ガス濃度の変化がこれまでの作物の生産にどのような変化を与えるのか?また、われわれはその影響を良い方向に向けることができるのか?本研究室でも取り組んでいる課題です。 地域の作物生産をさらに高品質に増やすことはできるのか?島根県は西日本でも有数のコシヒカリを主とする早だし米の産地です。現在、夏の高温化は品質に深刻な影響を与えており、更なる対応が求められています。さらに、肥料や農薬を減らすことが環境と調和した農業のために必要とされています。また、特産品の出雲ソバは収穫量が低く、高い品質が求められていて対策が必要とされています。 この分野は基本的に自然の中で作物を栽培し、デ−タをとり、解析し、問題を解決するという泥臭く、そして頭と体を使う学問です。