食糧生産学講座

動物生産学研究室

[研究概要]

農業生産学科で唯一、生産動物(反すう家畜)の飼養学(栄養・生理・飼料)についての研究を行っています。動物栄養学および動物生理学方面の基礎的な研究、高品質な畜産物生産技術の確立、粗飼料を主体とした反芻家畜の飼養技術、乾燥地帯(国外)での家畜生産システムに関する研究を行っています。

平成23年2月現在、研究室は教授1名(一戸俊義)のみが在籍し、目下進行中の研究概要および研究担当者は以下の通りです。

 


 




[教官の紹介]

一戸 俊義     ・・・・

主な研究テーマ

1. 飼料用米を用いた肉用牛生産に関する研究

島根県畜産技術センター(出雲市)の肉用牛研究グループと共同で黒毛和種牛の生産についての研究を行っています。

2. 飼料イネを用いた乳生産に関する研究

島根県畜産技術センターの酪農・環境グループと共同でホルスタイン種乳牛の生産についての研究を行っています。

3. 反芻動物の窒素利用に関する研究

反芻動物栄養で特徴的なのは、飼料タンパク質が微生物(細菌、プロトゾア)体タンパク質への形質変換される事です。微生物体タンパク質は飼料タンパク質より栄養価が優れているため、反芻胃内での微生物体タンパク質生産量をいかに高めるかが重要となります。微生物体タンパク質の生産量およびその利用を量的に把握することが畜産分野で重要な課題となっています。動物生産学研究室では、尿中に排泄されるプリン誘導体を指示物質とし、小腸以降で吸収・代謝された微生物体タンパク質量を推定する手法を確立しています。目下、反芻胃内容物の移動と微生物体タンパク質生産量の関連について、検討を行っています。

4. 飼料成分の反芻胃内発酵同調に関する研究

牛飼料中の各種栄養素の反芻胃内発酵の様相は各々異なり、かつ相互に密接に関連して進行することが想定されますが、それを査定する方法は確立されていません。反芻胃内成分発酵の同期化の程度について、ナイロンバッグ法やin vitro法を用いて査定しています。得られた結果から、簡便に成分発酵の同期化の程度を推定するための数学モデルの開発および牧草に含まれる反芻胃内分解の阻害因子の特定に関する調査を行っています。近年、反芻胃内発行同調の研究を発展させ、飼料の変動給与方法に関する研究を行っています。

5. 熱帯地方、乾燥地における反芻動物飼養システムに関する研究

平成21年度からケニア共和国から博士課程留学生を受け入れ、マメ科木本類葉部の飼料価値に関する実験を行います。また、平成20年より、中国内陸部に位置する寧夏回族自治区におけるメンヨウ飼養法の改善に関する研究に着手しています。

6. 反芻行動発現のメカニズムに関する研究

牛、メンヨウ、ヤギは、食べた飼料を吐き戻し、再び咀嚼します。この行動を反芻といいます。反芻行動を引き起こすメカニズムとその栄養学的意義についての研究を行っています。

業績リスト

戻る





教授:一戸俊義(農学博士),平成21年4月より現職
最終学歴:1993年北海道大学大学院農学研究科博士後期課程(畜産学専攻)修了
専門分野:動物栄養学
担当講義科目:農業生産の基礎,食糧生産学概論,飼料化学,動物生産学特論,農林生産科学論など
所属学会:日本畜産学会,日本草地学会,関西畜産学会,日本緬羊研究会,栄養生理研究会
兼任:鳥取大学大学院連合農学研究科(博士課程)
連絡先:生物資源科学部2号館446室
Tel:0852-32-6581
E-mail:

戻る

















戻る




[

戻る






[動物生産学研究室業績]

過去5年(平成17年〜22年度)の動物生産学研究室業績 (著書・原著論文)

一戸俊義(単著):日本飼養標準乳牛(2006年版)3章 養分要求量(U)3.1 水分要求量,独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構編,(社)中央畜産会,東京,pp37-41,2007(平19)9月,ISBN;978?4?901311?44?1 C3061

Evitayani, Armina Fariani, Lili Warly, Ichinohe, T., Abdulrazak, S.A., Hayashida, M. and Fujihara, T. Nutritive value of selected grass in North Sumatra, Indonesia, Animal Science Journal 76:461−468, 2005(平成17)10月

Rubanza, C.D.K., Shem, M.N., Bakengesa, S.S., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Content of macro and micro minerals of deferred forages in silvo-pastoral traditional fodder banks (Ngitiri) of Meatu district of central North-Western Tanzania, Livestock Research for Rural Development 17 (12):Paper No. 141. (Online Journal), 2005(平成17)12月

Rubanza, C.D.K., Shem, M.N., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Polyphenolics and minerals composition of selected browse tree species leaves native to North-Western Tanzania traditional fodder banks, Journal of Food, Agriculture and Environment 4:84−88, 2006(平成18)1月

Osuga, I.M., Abdulrazak, S.A., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Rumen degradation and in vitro gas production parameters in some browse forages, grasses and maize stover from Kenya, Journal of Food, Agriculture and Environment 4:60−64, 2006(平成18)4月

Evitayani, Armina Fariani, Lili Warly, Ichinohe, T., Abdulrazak, S.A., Hayashida, M. and Fujihara, T. Macro mineral distribution of forages in South Sumatra during rainy and dry seasons, Journal of Food, Agriculture and Environment 4:155−160, 2006(平成18)4月

Mtui, D.J., Lekule, F.P., Shem, M.N., Rubanza, C.D.K., Ichinohe, T., Hayashida, M. and Fujihara, T. Seasonal influence on mineral content of forages used by smallholder dairy farmers in lowlands of Mvomero district, Morogoro, Tanzania, Journal of Food, Agriculture and Environment 4:216−221, 2006(平成18)4月

Rubanza, C.D.K., Shem, M.N., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Biomass production and nutritive potential of conserved forages in silvopastoral traditional fodder banks (Ngitiri) of Meatu district of Tanzania, Asian-Australasian Journal of Animal Sciences 19:978−983, 2006(平成18)7月

Osuga, I.M., Abdulrazak, S.A., Ichinohe, T., Ondiek, J.O. and Fujihara, T. Degradation characteristics and tannin bioassay of some browse forages from Kenya harvested during the dry season, Animal Science Journal 77:414−421, 2006(平成18)10月

一戸俊義・細井英嗣・藤原 勉: 山口県西部におけるニホンジカ(Cervus nippon)の摂取植物種および反芻胃内消化様相の季節間差異, 日本草地学会誌52:190−197, 2006(平成18)10月

Osuga, I.M., Abdulrazak, S.A., Nishino, N., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Potential nutritive value of selected browse species from Kenya using in vitro gas production technique and polyethylene glycol, Livestock Research for Rural Development 18 (12):Paper No. 171.(Online Journal), 2006(平成18)12月

Rubanza, C.D.K., Shem, M.N., Bakengesa, S.S., Ichinohe, T. and Fujihara, T. The content of protein, fiber and minerals of leaves of selected Acacia species indigenous to north-western Tanzania, Archives of Animal Nutrition 61:151−156, 2007(平成19)4月

Rubanza, C.D.K., Shem, M.N., Otsyina, R., Bakengesa, S.S., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Effects of Acacia nilotica, A. polyacantha and Leucaena leucocephala leaf meal supplementation on performance of Small East African goats fed native pasture hay basal forages, Small Ruminant Research 70:165−173, 2007(平成19)7月

Osuga, I.M., Maindi, C.N., Abdulrazak, S.A., Nishino, N., Ichinohe, T., and Fujihara, T. Potential nutritive value and tannin bioassay of selected Acacia species from Kenya, Journal of the Science of Food and Agriculture 87:1533−1538, 2007(平成19)12月

Rubanza, C.D.K., Shem, M.N., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Quantification and characterisation of condensed tannin of selected indigenous browse tree species leaves of north-western Tanzania, Journal of Food, Agriculture and Environment 6:145−149, 2008(平成20)4月

Ichinohe, T. and Fujihara, T. Adaptive changes in microbial synthesis and nitrogen balance with progressing dietary feeding period in sheep fed diets differing in their ruminal degradation synchronicity between nitrogen and organic matter, Animal Science Journal 79:322−331, 2008(平成20)6月

Osuga, I.M., Wambui, C.C., Abdulrazak, S.A., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Evaluation of nutritive value and palatability by goats and sheep of selected browse foliages from semi-arid area of Kenya, Animal Science Journal 79:582−589, 2008(平成20)10月

Mtui, D.J., Shem, M.N., Lekule, F.P., Ichinohe, T. and Fujihara, T. Evaluation of chemical composition and in vitro gas production of browses collected from Tanzania, Journal of Food, Agriculture and Environment 6:191−195, 2008(平成20)10月

一戸俊義・齋藤慎哉・藤原 勉:反芻胃内分解同調の差異がメンヨウの窒素利用に及ぼす影響,日本緬羊研究会誌45:1−7,2008(平成20)12月

Ichinohe, T. and Fujihara, T. Effect of flow parameters of rumen digesta on effective degradability and microbial yield in sheep, Animal Science Journal 80: 387-397, 2009(平成21)8月

丸山敬弘・花房尚徳・一戸俊義:維持レベル飼養下における代謝タンパク質の変動供給が成メンヨウの窒素出納に及ぼす影響,日本緬羊研究会誌46:5-11,2009(平成21)12月

Wambui, C.C., Awano, T., Ando, S., Abdulrazak, S.A. and Ichinohe, T. Effect of yeast supplementation on in vitro ruminal degradability of selected browse species from Kenya, Journal of Food, Agriculture and Environment 8:553−557, 2010(平成22)4月

一戸俊義・粟野貴子・徐 暁鋒・宋 乃平:寧夏回族自治区中部乾燥帯において灘羊繁殖雌に給与される冬期慣行飼料の飼料価値, 日本緬羊研究会誌47:20-27,2010(平成22)12月

藤原勉・一戸俊義:ヒツジの成長に伴う採食・反芻行動の変化,日本緬羊研究会誌47:1-7,2010(平成22)12月

戻る