魚と日本人       n
授業科目:魚と日本人 科目コード:F071091  時間割コードGE10041
前期木曜日9・10時限   教室:教養2号館601

授業形態

講義形式


授業の目的







目標達成

鱸、鰤は出世し、わかさぎをあまさぎと地方独特の呼び名を持つ魚も沢山いる。これすなわち、漁業の地域性、伝統性、文化性、多様性の証拠。しかし、今日では鮪はツナ、海老はシュリンプ、鮭はサーモンに変わり、スーパーでは外国産のサカナが主役になっている。一方、世界に目を転ずると、「サシミ文化」「スシ文化」がグローバル化している。
本講義は、「魚と日本人」を学ぶ意義を理解し、それをめぐる社会経済的な視点から理解することを目的とします。共同通信配信特集記事「海と生きる 往年の輝きを求めて」等から水産業・漁村の現状・課題・展望を読み解いていきます。またこの作業を通して新聞の読み方を学びます。

1.魚と日本人(食と水産と河海環境)の特徴を社会科学的な視点から理解することができる.
2.魚と日本人の問題を社会科学的な視点から整理・理解することができる.
3.魚と日本人の特徴・問題を社会科学的な視点から他者に説明できる.

授業の内容

 第1部 序論

  1. はじめに                      fish1     4/5
  2. 魚をめぐる古今東西1              fish2     4/12
  3. 魚をめぐる古今東西2              fish3     4/19               2部  山陰編 課題レポート1資料掲載 hamada2013 masuda2016
  1. 浜田の水産業  現状と課題         fish4       4/26
  2. 益田の水産業  水産資源の利用と管理  fish 5       5/10
  3. 隠岐の水産業  水産資源の利用と管理  fish 6  oyster 5/17               sakaiminato1805
  4. 内水面の水産資源の利用と管理      fish7       5/24              第3部  国内編 課題レポート2資料掲載http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/H28/index.html
  1. 水産白書からみる日本の水産業の現状・課題   fish8    5/31             水産白書topics,column                    
  1. ノリと日本人                  fish9    nori  6/7
  2. ブリと日本人                  fish10      6/14               
  1. 国内編 まとめ                fish11     6/21               4部 国際編 課題レポート3資料掲載   http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/29hakusyo/index.html
  2. エビと日本人                fish 12        6/28
  3. マグロと日本人               fish13        7/5
  4. サケと日本人1               fish14       7/12
  5. サケと日本人2    特別授業 ようこそ先輩  fish15    7/19
  6. 定期試験                  20180719         8/2

授業の進め方

講義と数回のDVD動画視聴,パワーポイントを使用して講義を進めます.適宜,DVD動画・インターネットを使用して視覚的に理解を深めます

授業キーワード

河海、魚、サカナ、漁師、漁業、漁業文化、サシミ文化

テキスト

無し

参考文献

越智敏之『魚で始まる世界史』(平凡社新書),田口一夫『ニシンが築いた国オランダ』(成山堂書店),カランスキー(池央耿)『鱈 世界を変えた魚の歴史』(飛鳥新社),山下東子『魚の経済学第2版』(日本評論社),村井吉敬『エビと日本人』(岩波新書),濱田武士『魚と日本人』(岩波新書)、上野敏彦『海と人と魚』(農文協)他

その他授業資料等

レジメ等の講義資料はwork2017(魚と日本人)及び下記研究室サイトから適宜,ダウンロード・プリントアウトして下さい.

成績評価の方法

レポートの内容と期末試験の成績で総合的に判定します。
配点は前者50点、後者50点です。

履修上の指導

受講生像:魚・漁・河海に興味のあるひと、毎日、新聞を読む習慣を身に付けたいと思うひと、その意志のあるひと。

オフィスアワー

あらかじめ電子メールで連絡して下さい。
アドレスはitoyasu*life.shimane-u.ac.jp (*は@に変換)

その他

授業に関する質問や欠席の連絡は電子メールで受け付けます

受講定員150名,受講定員を超過した場合は抽選を行います.履修未登録者は翌日4/7(金)昼12時までに登録を済ませて下さい.登録者の中から抽選を行い,抽選結果は4/10(月)までに掲示します.
研究室サイトhttp://www.ipc.shimane-u.ac.jp/fishery/itoyasu.htm
e-mailitoyasulife.shimane-u.ac.jp  ◎→@

back

      


 

class8.htmlへのリンク

class8.htmlへのリンク