研究室配属について

事前面接について

面談を希望する学生は,事前にメール等でアポイントメントを取ってから研究室を訪問してください.面談をするにあたり,以下の2点について,予め考えてきてもらえると建設的な話が出来ると思います.

  • 進路(進学 or 就職),将来希望する職種
  • 何に興味があるのか? 生物 or 環境?,水 or 大気?

コアタイムについて

当研究室では,研究室に居る時間を拘束するようなコアタイムはありません.

一方で,成果は求めます

学生当時の私も夜型であったこともありますが,基本的なスタンスは「やることをしていれば問題ない」です.(ただし,社会に出てこの考え方が通じるわけではないですよね.)

セミナーの時間・掃除等,全員で集まる時間はありますが,基本的に各自の都合に配慮します.

ここでいう成果とは,予定していた分析(測定および統計的解析)を済ませることを指します.分析して得られた結果が,「科学的に面白いか?」とか「重要な発見」であるかは,学部生の責任ではなくテーマを与えた私の責任です.

裏を返せば,学部生の研究テーマは完全に自由ではありません.こちらで考えている研究テーマの中から,各自の希望・他のメンバーとの兼ね合い・実際に実行できるのか(就活だとサンプリングが難しい等)

また,時間の管理・研究の進み具合が悪くて,想定していた成果が見込めなくなるような場合には,研究室に来るように催促したり,実験の進捗状況を確認したり,学生の生活に介入することもあります.