著書

  • 鈴木美成,古田直紀, Nano HPLC-ICPMSを用いてヘテロ原子(硫黄及びリン)を測定することによるタンパク質の定量とリン酸化解析,in ナノスケール・ミクロスケールから見えるビックな世界 (新藤 斎 編), pp.335-355, 中央大学出版 (2013).
  • Y. Suzuki and N. Furuta, Protein Quantification and Quantitative Phosphorylation Analysis by the Determination of Hetero Atoms (S and P) by Means of nanoHPLC-ICPMS, in Metallomics Recent Analytical Techniques and Applications (Eds by Y. Ogra and T. Hirata), pp 157-180, Springer (2017).